製造業の開発職はプレッシャー多き激務職。うつになる人も多数。

大企業から逃げる
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

  • 製造業の開発で働いてるけどプレッシャーがきつい・・・。他の会社もみんなこうなの?
  • 開発に興味があるけど仕事内容の実態は?
  • 今まさに開発で働いてるけどこのまま働き続けても大丈夫?

このように製造業の開発の実情に対して疑問を持っている人へ。

私は前職ではとある地方メーカーの開発職として8年間働いていました。

一見製造業の花形と思われる開発職、私もその名前にあこがれて配属の希望を出したのです。

実際はどうだったかというと、記事タイトルにある通りの仕事でした。

こんな私の経験をもとに、実情について詳しくお話ししますね。

スポンサーリンク

一般的な開発職のイメージと実際

まず世間一般では開発職は

  • 製造業の花形
  • 部署内で黙々と仕事
  • 試作バンバン作ってモノづくり

このあたりのイメージがあると思います。

まぁある意味正しいですし、こんな仕事もありますがこれだけではありません。

大量の無駄とも思える書類作成とか、会議への出席があり、他部署間(生産技術・購買・品証・営業etc)の調整業務も結構あります。

結構泥臭い仕事が多いね・・・。

Waka
Waka

本当に開発職をしている時間のほうが少ないんじゃない?っていうぐらいです。

このような仕事のおかげで社内の仕事の回し方は覚えたものの、それ以外の実務的なスキルや知識は身につくことはありませんでした。

会社の将来を左右する製品を開発するというプレッシャー

プレッシャーも半端ないです。

会社の将来を左右する製品を開発するというプレッシャーが常にのしかかります。

開発期間中にはいろいろな部署からの圧もあります。

営業からの圧力

沢山のお客さんからの要望を蓄えているので、できるできないにかかわらずたくさんの要求をしてきます。そして○月までに開発を終わらせろ。という開発納期への要望も強く言われます。

品質保証部からの圧力

不具合のない製品を開発しろという圧をかけてきます。

自分たちは何にもしないくせに口だけは出してくる厄介者です。

この品証からの要望のせいで納期に多大なる悪影響が出てきます。

購買・調達からの圧力

購買・調達は部品の納期の関係から速く開発を進めろという圧をかけてきます。

品証のせいで開発納期が遅れているのですがそんなことは彼らに関係ありません。


とにかくどこの部署も自分の部署以外の都合の事は考えおらず、言いたいことを言って来るだけです。

こうしたプレッシャーのおかげで私が所属していた課の課長とチームリーダーが同時にメンタルに不調をきたし、休職に追い込まれました。

この出来事が私に転職を考えさせる最初のきっかけになったわけですが。34歳の私が転職を決意した日の事

2人とも私と違ってリーダーシップやカリスマ性のある人たちだったからかなりの衝撃がありました。

私自身もメンタルに大分ダメージを受けた。

私も上に挙げた課の課長とチームリーダのように、メンタルに大きくダメージを受けました。

寝れない日とか、ご飯がのどを通らない日が数か月続きました。

多分病院に行ったら何らかの診断が下るぐらいのレベルだったんじゃないでしょうか。

もうこれ以上は耐えられないと思い、転職をするに至ったわけです。

ここまでメンタルを追い込まれる仕事を続ける価値はありません。

転職して2.5年たった今でも強くそう思います。

現在開発職でプレッシャーを感じている人へ

個人的には、こんな思いをしてまで開発職にこだわる必要はないと思います。

今開発職でプレッシャーを感じ続けている人は一刻も早く自身身の振りを考えたほうがいいです。

私は転職のおかげでそうしたプレッシャーから完全に開放されることができました。

あなたにもぜひこの意味のないプレッシャーから解放、つまり、転職をお勧めします。

プレッシャーから解放された求人を見つける手段

そうはいっても闇雲に転職活動を進めても失敗する可能性も当然あります。

そんな時に利用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントのサービスは転職のプロであるエージェントが利用者一人一人に専任として付き、転職活動のサポートを最初から最後までやってくれるサービス。

私は途中からエージェント一本に絞って転職活動を行っていました。

仕事でプレッシャーを感じながら仕事をしていたので、エージェントのサポートがなければ最後までやりきれなかったかもしれません。

エージェントサービスも複数社ありますがまずは最大手のリクルートエージェントに登録しておけば間違いはありません。

そこからあなたの状況に合わせて他のエージェントサービスを検討しましょう。

↓↓リクルートエージェントに会員登録する
あわせて読みたいおススメ記事

まとめ

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました