スキルが身につかない仕事はさっさと辞めないと大変なことになる。

仕事の悩みのアドバイス
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

「今の会社で仕事をしててもスキルなんて身につかない。もしこの会社がなくなったら他に行くあてあるんだろうか・・・」

「最近書類仕事ばっかりでスキルが必要とされる仕事をしていない。こんな仕事してても面白くないし、このことに対して漫然とした不安がある・・・」

このような悩みを抱えている人へ。

この先行き不透明な世の中、今の会社に定年までずっと勤められる保証はありません。

そんな時に他の会社でも通用するようなスキルがないと不安で仕方ないですよね。

私自身も5~6年ぐらい同じ悩みに悩まされ続けてきた経験があります。

そんな私の経験踏まえて、スキルが身につかないまま今の仕事を続けていると最終的にどうなってしまうかお話します。

ここに書いてあることは決してあなたに縁のない話ではありません。

あなたの現状と照らし合わせながら読んでみてください。

スポンサーリンク

スキルが身につかないということに対して、あなたに責任はない

まずこれは頭に入れておいてほしいのですが、これはあなた自身の責任じゃなくて、そういう仕事しかふらない会社に責任があります。

なのでこの事であなた自身を責める必要はないので、そこは胸を張ってください。

ですが年齢に応じたスキルがないことは人材としての価値がないという事も事実。

だからこそ現状を変えるための行動は必要になります。

残念だけど第三者はそういう状況なら仕方ない、なんて思わないよね。

Waka
Waka

悔しいけどその通り。だからこそ危機感を持つ必要があるんですよね。

私は転職して新たな会社でスキルを身につけ直しています。

転職して2.5年経過しましたが、ホントに前の会社を離れてよかったです。

今の会社では、前の会社でそれなりに培った電気関係の知識に加え

  • 海外の国際規格
  • 英語力

これらに関わるスキルを身に着けることができています。

これらのスキルを活かし、

このような前の会社に居続けていたら絶対に経験できなかったことをやれています。

ではこれからスキルが身につかないと具体的にどのようになっていくのか、お話しします。

スキルが身につかない仕事を続けることで想定される事態

スキルが身につかない仕事を続けていくとどうなってしまうか。

想定される事態は次の3つです。

その1:将来が見えてこず、不安な毎日でメンタルやられる

あなたももう実感しているかもしれませんが、スキルが身につかないと将来が全然見えてこないですよね。

そして将来が見えてこないことはとてつもないストレスになってきます。

仕事の経験が浅い20代半ばぐらいまでなら将来が見えないのもある意味当たり前。

なのでこれぐらいの年齢だとまだそこまで実感がわかないかもしれませんし、実際そこまで気にする必要もありません。

ですが仕事の経験がある程度つめた時期、つまり30代目前ぐらいになってくると、一気に将来への不安が募ります。

結婚して家庭を持っているならなおさらです。

私が転職活動を始めたのは34歳の頃。

転職活動して内定が出るその瞬間までホントにこのことで悩み続けました。

当時勤続年数が8年ぐらいでしたが、定年まで勤めあげるイメージを全く持てなかったです。

メンタルをやられると色々な意味で後に引きずってしまうので、そういった意味合いでも早めの行動が必要。

その2:上司や他部署の御用聞きになって仕事がばかばかしくなる

スキルがないといつまでたっても仕事に対する自身のスタイルを確立できません。

結果、上司や他部署の御用聞きになる事でしか仕事を進められなくなってしまいます。

こんな状態になると、仕事をやっててもやりがいというものを感じられません。

「何してるんだろう自分は・・・」というばかばかしい気持ちにさいなまれ続けながら仕事をする羽目に。

なんだか聞いてるだけでもウンザリしてきそうだね・・・。

Waka
Waka

その通り。そんなことでしか仕事を進められないのはとても虚しくなってきます・・・。

私の前の会社での辞める直前の仕事は書類仕事がほとんど。

書類作ってリーダーに見せてダメ出しくらい、作り直して課長に見せてダメ出し食らい、作り直して他部署の人間に見せてダメ出し食らい・・・。

もう仕事に対して何の誇りもやりがいもありませんでした。

このようなサラリーマンライフ、果たして価値はあるでしょうか。

その3:他で通用することのない非常に(自身にとって)危険な人材になる。

今の部署、チームでは何とか仕事はできているでしょうが、もしこの状況に大きな変化が起こった時は?

例えば、会社がつぶれてしまったり、あなたの勤めている事業所が撤退したり・・どんな会社でも、あなたの今の状況が脅かされるような出来事っていくらでも起こり得ます。

うちの会社は安定しているから大丈夫だよって考えはダメ?

Waka
Waka

今まで「この会社が破産する?!」なんてケースをいくつも見てきましたよ!

想定外の事態は常に予測し、いざその時が来た時に素早く対応できる準備が必要

上にも書きましたけど、年齢に応じたスキルがないことは人材としての価値はありません。

いざというとき、他の会社に拾ってもらえるような人材になる必要があります。

体験談:転職活動中、スキルの無さで苦労した話

ここで私の体験談を1つ。

転職活動中、痛いぐらいに分かりました。自分が年齢の割に全然スキルがなくて、役に立たない人材であるってことを。

Waka
Waka

なんでもう少し早く動かなかったのか・・・。大後悔です(泣)

内定が決まった会社よりも落ちた会社のほうが多かったんですが、落ちた理由はすべて、「年齢に見合ったスキル・経験がない」でしたからね。

私のスキルのなさは客観的に見ても事実だったということです。

最終的に無事転職できたものの、かなり焦りました。

後1・2年転職活動を遅く始めていたら、と考えるととても身震いします。

私のケースから見ても、最悪仕事が見つからないっていう事態もあり得るかと。

ここまで考えれてなかった人はこういう可能性だって十分にある。決して楽観視はしない方がいいです。

今の会社でスキルが身につく日は来ないと思うべき

そうはいっても今の会社に愛着あるし・・・。頑張ってたらそのうち機会にも恵まれるんじゃ・・・。

と考えるのはダメ?

Waka
Waka

そんな楽観的な考えは今すぐ止めましょう。

もしかして今の会社でスキルを身につける事のできる機会を持てるとか考えてません?

実は私も転職する1年ぐらい前まではこう思っていました

でも断言します。

会社への愛着なんて捨てたほうがいい。それは会社に騙されてるぐらいの感覚を持ったほうがいい。

そして今の会社でスキルが身に着けられる機会、そんなものは来ません。

年齢重ねると要求されるのは人を管理する能力

今後そういう機会が持てないのはなぜか。

確かに会社がいい方向に方針転換して仕事内容がガラリと変わる可能性もゼロじゃありません。

でも残念ながら、今後そういう機会が出てきたとして、専門的なスキルを駆使して仕事を行っていくのはあなたよりも若い世代の人間になるから。

これからあなたが会社から求められるのは、専門的なスキルじゃありません。人を管理するスキルです。

じゃあ別に専門的なスキルって必要なくない?

Waka
Waka

そう考えるのはお門違い!

専門的なスキルをにつけないまま今の仕事を続けるとどうなるか?

  • そもそも自信をもって仕事をこなしていくことができない
  • 部下に浅い知識しかえることができない
  • 仕事にやりがいを感じることができない
  • 使えない名ばかり管理職になる

などなど、こういった問題も出てくることになるでしょう。

他にも、あなたの状況に置き換えて将来的に起こりうる事態を考えてみてください。

現状維持か、別の道か

という事で、一度考えてほしいのが現状維持か別の道か選択すること。

もしあなたが転職を考えている場合、動き始めるならなるべく早いほうがいい。年齢の壁は確実にあります。これは私が実感したことです。

このままだと、しょうもない仕事を定年まで一生続けることになってしまうかもしれないです。

逆に言うと、道を選び直しさえすればキャリア形成しなおしのチャンスはあるということです。

どの道を選択するべきか、今一度考えてみてください。

まとめ

動くか動かないかはあなたの自由です。

ただ、もしあなたがが自身のスキルに対して何らかの不安を抱えている場合、それは行動しなければ消えることはないです。

社会人はおおよそ30年間。長いです。

その長い期間にずっと不安を抱えたまま仕事をすることが果たしてあなたのためになるのか、今一度考えてみてください。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました