メーカー技術職で「疲れた」「辞めたい」と思った時の2つの道

仕事の悩みのアドバイス
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Tawaです。

メーカー技術職って単に設計とかモノ作りとかだけやってればいいというわけじゃなくて、他部署との折衝とか、しょうもない書類仕事とか、正直やりたくない仕事もたくさん。

仕事を始めてから数年たって、そろそろ「こんなはずじゃなかった・・・」と思い始めている頃でしょうか。

  • 技術職であることに疲れた
  • 技術職をもう辞めたい

と考えているあなたに私からのアドバイス。

スポンサーリンク

技術職としてやっていくかキャリアチェンジかの決断はなるべく早いほうがいい

一番頭に置いておいてほしいことは、「社会人になるとあっという間に時が過ぎる」ということです。

何か行動を起こさなければあっという間に2年、3年と時は過ぎ去ってしまいます。気づいたら30を超えて、また気づいたら40近くになって・・・。ということにもなりかねません。

あなたもすでにこのことは気づいているんじゃないでしょうか。

将来どういう方向に進むのかを決めて、行動するなら早くしないとホントにやばいですよ。まじで。

技術職に疲れた、とか辞めたいとか思ってるんなら、とるべき方法はいろいろあります。

社内での部署移動

1つ目は社内での部署移動を考えてみるってことですね。技術職とは関係ない部署へ。

これを検討するとなったらたぶんあなたはこういった不安がよぎることでしょう

  • 周りの人間に「逃げた」と思われないか
  • 今までのキャリアが無駄になってしまわないか
  • 周りに迷惑をかけないか

周りの人間に「逃げた」と思われないか

これが気になるのは仕方がないことですね。人間ですし。あなたの周りにすでに部署移動をした人はいるでしょうか。そしてあなたはその人に対してどんな印象を持っているでしょうか。

おそらく、あなたが思うほど周りはあなたのことに関心を寄せてはいないでしょう。

なので、周りの人間がどう思うかってのはあまり気にしなくてもいいと思いますよ。

それに私の前いた会社でも、仕事のできる人がどんどん部署移動していったという経緯を目の当たりにしてますので。

今までのキャリアが無駄になってしまわないか

これはある程度仕方のないことだと思います。ただ、あなたは技術職に対してある程度愛想が尽きている状況でしょう。「やめたい」とか「疲れた」とか思っているわけですし。

とはいえ、技術以外の面であなたが培ってきたあなたなりのノウハウってのもありますよね。

  • どういうタイミングで人に物事を頼めばよいか
  • 書類の文章の作り方
  • 基本的なビジネスマナー

このあたりの普遍的なスキルっていうのも今までの仕事を通して身についています。これらのスキルはどこの部署でも生かすことができると思いますので、全くのゼロからのスタートにはならないでしょう。

周りに迷惑をかけないか

周りにはある程度迷惑がかかるんでしょうけど、正直こんなこと、気にする必要はありません。あなたが抜けた穴は管理職の人がどうにかしますので。

会社のことなんか正直二の次でいいと思いますよ。一番大事なのはあなたがどうしたいかということです。

転職を試みる

技術職に疲れたとか、もう辞めたいと思っているのは今の会社にいるからということが大きな原因の場合もあります。

こんな時は、思い切って別の会社に移ってみることでそんな不安はなくなります。

メーカー勤めは確かに安定してますよね。よっぽどへまをしなければ首になることなんてよっぽどないし、長く勤めていればとりあえずある程度の給料アップは望めるし。

ただし、もしあなたが今の会社の仕事内容とか待遇に対して不満を持っているんなら、転職っていうのも手の1つとして考えてみてもいいと思いますよ。

実際私も転職という方法を選んで、充実した人生を送れるようになりました。

せっかく今まで培ってきた技術者としてのスキルを何とか別の形で活かしたい、と考えているんなら、この方法でも全然アリだと思います。

この方法を選んでも、周囲に迷惑をかけないか、とか周りの人間がどう思うかっていう心配事も出てきますよね。

ただ一度きりの人生なんですから、多少好き勝手に生きてもいいじゃないですか?楽しみましょうよ。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました