【警告】30代の転職活動時期は「今すぐ」以外にあり得ません

スポンサーリンク
転職活動体験記

こんにちは、Tawaです。

  • 30歳を超えたけど転職しようか悩んでいる…
  • 30代の転職はいつがいい?
  • 30代ってそもそも転職できるの?

このような疑問をお持ちの人へ。

30歳を超えるとそれなりに社会人としても経験をつんで、これから先の事を改めて考え始める時期。こういった疑問が出てくるのも当然の事です。

結論から言うと、30代になって転職を少しでも考えているなら、今すぐに行動した方がいいです。

その理由をこの記事でお伝えしようと思います。

もしあなたが「もう少し決意が固まったら行動しよう」「とりあえず来週から行動しよう」と考えているのなら要注意。この記事を見てもう少し危機感を持つようにしましょう。

スポンサーリンク

理由その1:特に30半ばから転職の難易度が上がるから

20代はまだいいです。年齢の高さが理由で採用を見送られることは殆どありません。

ただこれが30代、とりわけ30代半ばになってくるとどうでしょうか。

30代ともなると社会人としてある程度経験を身に着け、人によっては部下をマネジメントしたりチーム内で後輩の指導に当たったりする人もいるぐらいです。

そして会社はそうした豊富な経験を積んだ人材を求めているわけです。20代とは求める人材の質が違うというわけですね。

異業種、未経験への転職は35歳以上は困難を極めるとみていい

とりわけあなたが今の業界で働く事に嫌気を指していて、異業種への転職を検討しているのなら、さらに注意が必要です。

35歳転職限界説はなくなったとかまだ続いているとかいろいろ言われていますけど、難易度が上がるのは間違いないとみていいです。

特に35歳を境に転職の難易度は上がる!!

それでも書類選考までは通るかもしれません。ただし転職活動は書類選考はスタートにすぎません。そこからさらに採用試験や面接などを経て、始めてゴールまでたどり着くことができます。

私も34歳で転職活動を始めました。そして業界に対して多少の嫌気もさしていたので、異業種への転職も検討していたんですね。

なので最初は転職サイトや転職エージェントで、当時興味のあった業種の求人へ応募をしてみたんですが、ほぼほぼ書類選考の時点で落選。


34歳では異業種転職へのスタート地点に乗る事さえできなかったわけです。

さらに唯一書類がとおった企業の面接ではちょっと嫌なことを言われてしまいました(笑)

こうしたこともあり、当時34歳であった私は異業種への転職を諦めました…。

理由その2:数年なんてあっという間に過ぎて完全に動けなくなるから

もう実感してると思いますけど、年齢が高くなればなるほど時が経つのを早く感じますよね

絶対的な時間はもちろん不変。でも体感では子供時代と比べて全然進み方が早くなっていると感じていると思います。

毎月の終わり、1年がちょうど半分過ぎる6月終わり、年末などでそれを感じる機会はありますよね。

ちょっと会社のプロジェクトに関わっていたら1年、1.5年、家事や育児に追われていたら数年。家と会社の往復をただ繰り返していたら十数年経っていた…なんてことは往々にしてあります。

とりあえず来週から始めてみようかな…

Tawa
Tawa

それは行動を起こさない人の常套句。
数年は行動を起こさない思考パターンですよ。

気づけば40代目前でいざ転職活動を始めよう、となった時に「なぜもっと早く行動できなかったんだ…」となるのは間違いありません。

転職活動中にアドバイザーや企業の採用担当から色々情報得ましたが

  • 30代前半~半ば⇒ギリギリ転職に有利に立ち振る舞う事ができる世代
  • 30代半ば~後半⇒難易度が上がるもののできなくもない?という年齢
  • 40代以降⇒よほど光るものがない限りは企業の目には留まらない

これぐらいの感覚になります。

本当に動けなくなる時期というのは油断しているとあっという間にやってきます。

もし動かなければ、人生そのものを後悔する羽目になってしまいます。
私のこの言葉、重く受け止めてください。

理由その3:今の会社に居続けてもあなたを取り巻く状況の好転はない可能性の方が高いから

あなたは今どのような理由で転職することを考えているでしょうか?

  • 人間関係?
  • キャリア?
  • 勤務地?

理由は色々あると思いますがずっとその会社に残り続けていても、残念ながらあなたを取り巻く状況がいい方向に向かう可能性は低いです。

というのも会社の体質や社風、人間関係や仕事内容なんかはそんなに簡単に変わるもんじゃないから。

あなたの仕事を取り巻く環境はそんなに簡単には変わらない!!

一応会社の他の人たちも何かしら問題があるという認識はしていることと思います。じゃあみんなが改善に向けて動いているかというと、そうじゃないですよね。

基本的に愚痴をこぼしあうだけで終わり。抜本的な状況の改善に向けて声を上げたり旗振りをしたりする人なんていないですよね。

残念ながらそんな受け身の姿勢でいたって会社は変わっちゃくれません

そんなありもしない出来事に期待を抱くよりも、自分からより良い状況に向かうように動いていったほうがまだ現実的です。

時々前の会社の同期や先輩に会って近況交流をするんですが、やっぱり会社の状況って変わんないな…と思うばかり。
「あぁ、転職してよかった」と思わずにはいられません。

まとめ:動かないのは非常にヤバイ…

何も何の根拠もなくこんなことを言っているんじゃありません。

私は転職活動でエージェント会社のアドバイザーや会社の人事と沢山やり取りを重ねてきました。更に沢山面接を受け、沢山「年齢を理由に」落とされてきました。

そういった経験を経て、このようなことをお伝えしているわけです。

私の好きな言葉に「今が人生で一番若い時」という言葉があります。

まさに1年後よりも今日、明日よりも今日、今この瞬間が一番人生で若いときなんです。この若い時を時期を測って動かずに過ごしていくか、ちょっとでもいいから一歩踏み出して新しい人生を手に入れるか、それはあなたの手にかかっています

とりあえず何かに登録してみるだけ、などでも構いません。

少しでも何か行動を起こしてみることを心からお勧めします。

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました