転職を決意したら最初にやるべき6つの事

スポンサーリンク
転職活動体験記

こんにちは、Tawaです。

  • 転職活動を始めようと思うけどどうやって進めたらいいの?

という疑問をお持ちの方へ。

そもそも転職活動って人生の中でそんなに経験する事じゃないから、いざ始めようと思っても何から手を付けたらいいの?と思いますよね。

私自身34歳で転職活動を始めましたが、とりあえず初めては見たものの手探り手探りな感じで何とかペースをつかんできた身です。

そこで、この記事では転職活動の大まかな流れをステップ別にお伝えします。この記事を読むことで、何となく転職活動の流れがイメージできるようになると思います。

ここでは具体的なサービス名も出しますので、良ければ使ってみてください。転職活動のサポートになる事は間違いありません。

スポンサーリンク

その1:在職中の人は「こっそり」を心がける

当たり前のことですけど、在職中の人は転職活動を始めること、現在していることを基本的には会社にばれないようにしてください。

会社としてはせっかく育てた人材が流出することはできれば避けたいことです。

バレたから会社をクビになる、なんてことはよほどないですけど、何かしらの圧力や気まずさを感じることにはなりかねません。

場合によっては引き止めにあったりすることもあるので、会社を辞めづらくなることもあります。

バレないように慎重に行動しましょう。

Tawa
Tawa

ちょっとの油断でバレる可能性もあるので慎重に!!

その2:転職サイトに登録する

まずは転職サイトに登録しましょう。すべてはここから始まるといっても過言ではありません。

もちろんこういった転職サイトや後述する転職エージェントを使わずにやる方法もあります。

企業のウェブサイトなんか見てみると、中途採用の募集要項を出してて直接連絡をするように掲載しているところも結構ありますからね。

ですが転職活動になれていないときは、できれば専用のサイトをつかって進めたほうがいいと思います。

Tawa
Tawa

転職サイトや後述する転職エージェントは本気で転職活動するなら登録必須です。
それでも登録なしでやるのなら止めはしませんが…。

というのも転職サイトには転職活動に関わるノウハウや求人のリサーチ機能など、効率的に転職活動を行う事のできるツールが充実しているからです。

とりあえず会員登録をしてコンテンツを確認すれば、転職活動の具体的な流れが分かると思います。

それに、会員登録をしてしまいさえすれば後は基本的には自分のペースで進めることができます。

転職サイトは極端な話、登録後は放置でもOK
とりあえずどんな求人があるのか見てみたい。という人にはお勧め。

▼リクナビネクストの会員登録はこちら▼

ただ本格的に転職活動するなら、転職サイトだけは不十分だと思います(あくまでも個人の意見)

というのも転職サイトは一般公開されている求人しか見つけることができません。一般には公開されていない、非公開求人をみるには、次にお伝えする転職エージェントに登録する必要があります。

その3:転職エージェントに登録する

転職エージェントとは、サービス登録者一人一人に専任のアドバイザーがついて、転職活動のサポートを最初から最後まで行ってくれるというサービスです。

正直なところ、転職エージェントは使うべきではない、という意見も世の中には結構あります。

求職者がエージェント経由で申し込んだ求人の内定を承諾した場合、インセンティブが支払われることになっていますので、内定が出た場合、承諾するように結構なプッシュをかけられるからです。

場合によってはエージェントの意見に流されすぎて不本意な結果に終わることもありますので、自分の芯を持ってエージェントは利用する必要があります。

Tawa
Tawa

断る勇気を持つことも大事!!

でも私から言わせてもらうと、それを踏まえてもエージェントは利用するべきです。

非公開求人にありつけるという理由ももちろんあります。

ですがそもそもの話として転職活動は孤独な戦い。そんな孤独な戦いにサポートをしてくれる人がいるというのは心強いからです。

猛プッシュはあるものの、転職活動の各局面においての彼らのアドバイスはとても有益です。彼らのおかげで求職者としてのレベルが2、3段階上がったといっても過言ではありません。

本当に当時お世話になったアドバイザーには今でも感謝しています。彼らのおかげでより良い転職をすることができたと思っています。

最初私は転職サイトとエージェントの2足のわらじで転職活動をしていましたが、最終的には転職エージェント1本に絞ってやっていました。

そのほうが効率が良かったし、私的には十分だったからです。

転職活動はある意味手数が勝負な面もあります。とりあえずいろいろ手を出しておいて、後から必要なもの、いらないものを取捨選択していけばいいと思います。

▼リクルートエージェントの会員登録はこちら▼

履歴書・職務経歴書を作成し、求人に応募する

転職サイトや転職エージェントに登録をすれば、後は提示される手順に従って進めていくだけなのですが、登録後の次のステップとしては、履歴書や職務経歴書を作成する作業があります。

これらは企業に自分のPRをかけるうえで重要なツールとなります。

手を抜かずに、自分を採用することで企業にとってどのようなメリットがあるのか、しっかり伝えることができるようにしてください。

ちなみにエージェントを利用すると、職務経歴書の添削もやってもらえます。私自身職務経歴書なんて初めて作成したので、作ったものがいいのか悪いのか一人では判断できなかったと思います。

その4:採用試験対策本を買う

企業によっては採用試験を設けているところもあります。

今は自宅で受けることのできるWebテストもだいぶ主流になってきているので、その対策本を手元に置いておくようにしましょう。

おススメは「SPIノートの会」というところが出している対策本。

取り合えずこれを買っておけば間違いないと思います。私も実際にこの本を利用して対策をしました。

何のテストだったかは忘れてしまいましたが、この本で勉強したことが出題されていて、非常に助かった記憶があります。

その5:転職活動資金を確保する

転職活動は基本的にお金がかかります。

上の転職サイトや転職エージェントは基本的に無料ですが、面接会場に向かうための交通費やその日の食費はそうはいきません。

会社によっては交通費を支給してくれるところもありますが、そうでない所もあります。

私も何回か新幹線を利用して会場に向かったことがあります。そして交通費の支給はなし(泣)

結構痛い出費でした。

こんな風にお金もかかりますので、もしあなたが結婚をされている場合、パートナーの了承を得るようにはしておきましょう。

その6:最後まで妥協しないと決意する

せっかくの転職活動。絶対に成功させたいものです。

もしあなたが会社でメンタルをやられかけていることを理由に転職活動をする場合、仕事をしながらというのは中々きついものがあります。

そんな状況でもし何となく受けた志望度の高くない会社から内定が出たとしましょう。心が揺らいてしまう可能性も十分に考えられますよね。

もう、この会社で妥協しちゃおうかな…

Tawa
Tawa

私もメンタルやられかけながらの転職活動だったので、大変さは痛いほどよくわかります。

ですがここはひとつ踏ん張りどころです。あなたが本当に転職したい会社から内定をゲットできるまではやり通すという決意をしてください。

せっかくの人生をより良いものにするチャンス。妥協することなく幸せをつかみ取ってください。

まとめ

とにもかくにも転職活動は会社の上司や同僚にも言えずにこっそりとやらなきゃいけない孤独なもの。

だからと言って妥協をしては、今の人生はいいものになっていきません。

私も前の会社でだいぶメンタルをやられかけながら転職活動をしました。途中何回もくじけそうになりましたが、それでもあきらめずに続けた結果、今の会社に転職して、幸せな人生をつかみ取ることができました。

行動次第で人生は良くも悪くもなります。満足のいく結果が得られるように、応援しています。

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました