転職活動で初内定ゲット&消えないモヤモヤ。

転職活動体験記
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、Tawaです。

転職活動第一発目の面接では華々しいデビューを飾りました。

当時はソフト開発に興味があったんですが、それを見事に打ち砕きやがって。

まぁそれはそれとして、気を取り直して次の面接に臨みました。その体験談。

スポンサーリンク

一発勝負の面接。午後半休をもらって面接へ。

次に受けた会社は某自動車メーカの子会社。自動車関連の設計・開発に携われるというのが魅力でした。

そして面接はなんと一発勝負!

一次、二次面接というものはなくいきなり最終面接だったんです。

午後半休をもらって面接へ。

私の場合転職活動は会社に勤めながらコソコソとやってました。

ほとんどの場合中途採用は平日しかやってないんで有休使いながらって感じになりますね。

コソコソと言いつつ、あの時期は結構頻繁に有休をとってましたからね、怪しまれないか少し心配でした。

まぁ結局最後までばれることはありませんでしたけど。

でも仕事の合間合間をぬってよく転職活動したよなーと当時の私をほめてあげたいです。

当時の会社から逃げたいって思いのエネルギーは相当なもんだったんですね。

結果は内定ゲット!でも・・・

面接は1対3。配属予定部署の上司、その部長、人事部長だったかな。

まあ上の方々が3人もいるんで緊張しましたね。

ただ緊張はしたけど、下準備はしっかりやってたんで、面接は手ごたえ十分でした。

面接って下準備が大分重要です。やってるかやってないかで手ごたえに雲泥の差がでてきますよ。

特に言葉に詰まったわけでもなし。失言をしてしまったわけでもなし。

おかげさま(?)で初内定ゲットです。

初めての内定通知書を見ながらなんだか自分という存在が認められた気がしてうれしかった記憶があります。

でもその一方で消えないモヤモヤ・・・

でもその一方でモヤモヤ感がどうしても消えませんでした。

実はこのモヤモヤ、面接を受ける前からずーっと付きまとってました。

というのも、 なーんか会社の雰囲気が当時勤めてた会社と似てたんですよね。

人数の規模も一緒だし、年収もほぼ変わらないし、組織構成もなんか似てる。

私の転職理由って下の通り色々あって、

  • スキルが全然身につかない
  • 仕事にやりがいを感じない
  • 足の長い仕事を5個も6個も任されて精神的にやられてた
  • 人間関係

これがこの会社に転職したからといって解決できる気がしなかったんですよね。

承諾か辞退か悩みに悩んで・・・。

私は結局悩みに悩んで辞退をさせてもらいました。

理由は上に書いた通り、こりゃこの会社に転職してもあんまり状況変わんねーなと思ったからです。

エージェントからの猛プッシュ

ちなみにこれはエージェント経由での申込みだったんですけど、当然エージェントからは承諾!承諾!と猛プッシュされますよね。

でもここでプッシュに負けてエージェントの言いなりになるのはNGです。

エージェントも私の状況を完全に理解してるわけじゃありませんからね。

なんで転職したいのかを常に軸に置いておく必要あり

転職活動やってると求人票の想定年収・福利厚生とかが魅力的だとそっちに目が奪われて、なんで自分が転職活動をするに至ったのかっていうのを忘れがちです。

確かに収入がどうなるかってのも重要なんですが、転職したい目的はなんだ?ってのを根っこに置いておかないと転職したとしても抱えてる問題の解決にならないかもしれないですよ。

転職に関してのご質問・ご相談

転職に関してのご相談やご質問を受け付けています。

転職って最初から最後まで孤独な闘いなんですよね。人生の大きな転換点になるんだけれど、うかつに人にも相談できない。

私もそんな状況を経験してきたので気持ちがすごくよくわかります。

・とりあえず誰かに今の気持ちを吐き出したい
・転職を決意するための後押しの一言がほしい
・複数の会社から内定出たけどどっちにしようか迷ってる

などなど、どんなことでも構いません。

私はその道のプロではありませんけど、
ご家族やエージェント等、変に利害の絡む近しい人よりも客観的にお話をお聞きできると思います。

※いただいた個人情報はお問い合わせの返信のみに使用します。第三者に開示することは決してありません。また何かを宣伝する意図もありませんのでご安心ください。

↓下のコメント欄に書きこんでもらっても大丈夫です。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました