設計/開発/技術職の転職活動でTOEICスコアの目安は?有利不利も。

転職活動体験記

こんにちは、Tawaです。

TOEIC、今日本で1,2を争うほどの知名度を誇る英語のテスト。

どうです?TOEICの勉強してます?

まぁ、TOEICのスコアが高いからと言って英語ができるかっていうともちろんそんなことはありません。

私だって今770点ありますけど、ビジネスじゃ全然使い物にならない英語力です・・・。

でも今はいろんな企業が個人の能力を図る指標としてスコアを重視してるってのはご承知の通り。

さてそんな昨今の流れの中で、設計や開発といったようなエンジニアにとってTOEICのスコアってどこまで評価の対象とされているんでしょうか。

ここで私の職歴ですけど、・地方機械メーカの開発職↓・ドイツ系メーカのサービスエンジニア

という感じ。転職を1回経験してるんですね。

そして私の当時のスコアは685点。

転職活動中に、私の点数だったらポイントになるんじゃないかなと思ってPRの1つにしてみたんです。

そこでこの記事では、私のようなエンジニアの転職活動では、採用担当からどの程度TOEICを重視されたのか、感覚的な話にはなりますけど記事にしました。

スポンサーリンク

企業の人事がTOEICの点数をどれだけ重要視していたか

さて、繰り返しになりますけど、転職活動当時の私のTOEICスコアは685点。

英語ができる人にとっちゃゴミみたいな点数ですけど、英語ができない人にとっちゃおおすげぇってなる点数。そんな感覚でしょうか。

もし私が翻訳とか通訳とか、英語を専門的に扱うような仕事だったらPRに値しないスコアですが、そういう仕事でもなかったんでそれなりに評価されるだろうと思い、履歴書にはすべて書くことにしました。

さて、採用担当者の反応やいかに?!

・・・

結論:TOEICのスコアは評価にわずかに有利になるけども、なくても別に不利になることはない。

結論を先に行ってしまうと、スコアが評価にプラスになることはありますが、スコアがなくても評価にマイナスになることはありません、という感じになるのかな。

書類選考で落とされた企業から内定もらった企業まで色々ですが、TOEICのスコアが低いからと言ってお祈りになってしまったり、逆に高かったからそれが内定の決め手になったりと、採用の直接の要因になったなんてことは一度もありませんでした。

大体重要視されるのが、それまでの経歴とか、人となり。

まぁ私みたいな設計・開発エンジニアの転職活動に限った話で言うと別になくてもいんじゃね?そんなに有利不利もなかったし。

ってのがホンネになります。

面接での1つのトピックになったぐらい?

でも転職活動中、スコアが採用担当者にまったく無視されてたかって言われるとそんなことはありません。

面接で採用担当とやり取りする中で、反応があった企業なかった企業色々ありました。感覚的には、求人の職種ごとに違いがあったのかなという感じです。

反応があった求人の職種:自動車関連、FA関連

まずは反応があった求人の職種は自動車関連とかFA関連とか。

海外の人とやり取りをする可能性のある職種に関しては面接の途中で反応がありましたね。

反応はすべて好感触。中には配属予定の部署の方から

「TOEICのスコア、私より高いけど何か現職では英語を使った仕事してるの?」

って反応があったぐらい。

エンジニアはTOEICのスコア600点もありゃ十分じゃない?

そして私が転職先に決めた今の会社、外資系で英語をそれなりに使う機会があるんですが、685点でもやっぱりスコアは好反応でしたね。

なのでよっぽど英語を頻繁に使うような仕事内容でもない限り、 600点もあれば少なくとも悪い反応にはならないでしょう。

反応がなかった求人の職種:ソフト開発、技術者派遣

逆に反応がまったくなかった求人の職種。

ソフト開発とか技術者派遣業とかこのあたりです。

これは海外の人とのやり取りがほぼないであろうっていうのが理由だと思います。

もう反応のハの字もありませんでした(笑)

まぁ、TOEICに限った話じゃないですが、資格を持ってたからと言ってそれが万能に役立つかって言われるとそんなことはあり得ませんよね。

ある職種では宝のような扱いをされることもあれば、またべつの職種じゃゴミ同然。

悲しいことですが資格ってそんなもんでしょう。

なので求人内容見て、英語がまったく必要とされてなければそもそも履歴書に書く必要もないってことです。

TOEICスコアアップに越したことはない

一方で、TOEICが会社の人事考課で重要視されてるってのも1つトレンドとしてあるようです。

ってのを踏まえてここで私の結論。私みたいなエンジニアは転職活動のためにスコアアップを狙う必要はありません。

が!転職を成功させた後、そのあとの評価アップのために頑張る。

これがベストの方法なのかな、と言えるでしょう。

でもまー今回の話とは関係ないけど、英語ができると世界が広がって楽しいよ。

できる人は勉強してみるのもいいんじゃない?


Tawa「社畜からストレスフリーの会社員になれました」
転職活動に力強いサポート役となるのが転職エージェント。 Tawaはエージェントのおかげでたった1度の転職活動で転職を大成功させることができました。 そんな私が実際に利用したエージェントを紹介していますので、ご覧下さい。
 
タイトルとURLをコピーしました