DUO3.0を使ってセンター試験192点ゲットした話。今ではビジネスシーンでの力強い味方。

スポンサーリンク
英語勉強法

こんにちは、Tawaです。

実は私は英語もほんのすこし得意な方です。得意といっても、受験英語が得意でしたといった程度です。中学校の頃は英語のテストで3年間ずっと90点以上キープしていたというのはひそかな自慢(笑)

さてそんな私ですが、大学受験1度失敗して1浪しております。その時にとある英単語・熟語帳に出会いました。それがこのDUO3.0。

もともと別の単語帳は使っていたんですよね。でも最初の方のページだけはやたら覚えていて途中は全く覚えていないというありがちな状況になってたので、気分一新のつもりで乗り換えをしたんです。

そしてこれを使って1年間英単語・熟語を学習した結果、センター試験が142点から192点へ大幅アップ。(もちろん受験対策としての勉強もやりましたが、一番点数アップに起因したのはDUO3.0だと思っています)

この記事ではDUO3.0は何がすごいのか、その秘密を書いてみたいと思います。

この記事で得られるメリット・情報
  • DUO3.0の何がいいのか。他の単語帳と一線を画す理由
  • あなたもセンター試験で私のように192点取れるかもしれないという期待感
スポンサーリンク

DUO3.0は個人的に最強の教材だと思う。

37歳になった今でも思う。DUO3.0は最強の英単語帳だと。

DUO3.0と出会ったのは冒頭にも書いた通り1浪してるとき。

現役時代は別の単語帳を使ってたんですけど途中で挫折した記憶がある(笑)で、現役時代のセンター試験の点数が143点だったかな。

可もなく不可もなくって感じ。

で、浪人時代はこの単語帳を使い続けていてはだめだなと思ったわけです。

色々探しているうちにたどり着いたのがこれだったっていうことですね。

DUO3.0が効果的な理由

じゃあ、このDUO3.0、何が効果的なんでしょうか、というところですが、それは単語の覚え方に秘密があります。

それなりに有名な単語帳だから知ってる人も多いと思うんですけどね。軽く紹介します。

例文が約500文あって、その例文で単語・熟語を暗記していく。

本の中には例文が約500文書かれています。そしてこの例文使って進めていくわけですがその中に大学受験やTOEICに必須の英単語、英熟語がちりばめられているというものです。

たった500個の例文しかないのにどうやってたくさんの英単語、熟語を覚えられるの?

例えばBefore I came here, I wanted to be a playwrite.という例文があったとしたら、

  • here … ここに
  • want to … ~したい
  • playwrite … 脚本家

といった風に、1つの例文で複数の単語・熟語を覚えることができる。

これがDUO3.0が最強と謳われる所以です。さらにすごいのが例文も自然な文章で、違和感なく覚えれるって事。

しかも時々出てくる登場人物にちょっとした個性が与えられていて、ゲスい性格のやつとか、しょーもない性格のやつとかそこらへんの人物の個性も楽しいです。

DUO3.0が私の英単語・熟語ライフを変革させた

DUO3.0を使い始めてから、私の英単語習得の考え方がすっかり変わりました。

それまでは、単語は1語1語日本語と照らし合わせて頑張りながら覚えるものだと思っていて、そうしないと覚えられないもんだ、という認識でした。

しかしこれを使い始めてから、単語って文章の中で覚えるとすっごく楽に覚えられる!むしろそうしないと覚えられない!という風にに変わったのです。

そしてDUO3.0を1浪中に頑張ったおかげでセンター試験の点数が143点 → 192点(約50点up!) に上がったのです。

もう大躍進。この点数のおかげで第一志望の大学に入れたといっても過言じゃないと思いますよ。

もちろん英文読解とか英作文とか他にも頑張って勉強していましたが、ここまで伸びたのはボキャブラリーの力がついていたからだと思っています。

それ以降、このDUO3.0は最も効果的に英単語を覚えられる教材として、私の中で現在もバイブル化されています

ビジネスシーンでも力強い味方に(2020年4月追記)

この記事を書いたときは仕事で英語を使う機会ってほぼありませんでした。

でも転職したんですよね。しかも外資系に!

そうなると当然の如く、英語を使って海外の人とコミュニケーションをとる機会が増えます。

そんな時にもこのDUO3.0は大活躍。

ホントここで覚えた表現ってビジネスシーンでも使えるやつばっかり。

おかげで海外の人との円滑なコミュニケーションに一役も二役も買ってますからね。

後日、私がどうやってDUO3.0で勉強していったのか、その勉強方法を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました