人数が少ない会社って大丈夫?メリットやデメリットを社員数20人の社員が語る。

社員数20人の会社のこと
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

「この会社の求人魅力的だけど、会社の人数が少ない・・・。会社の体制って大丈夫?社員の人間性も不安・・・」

これから転職を考えてる人、転職活動真っ只中だって人で会社の規模が気になってる人へ。

  • 社員はまともな人なんだろうか
  • 仕事に安定性はあるだろうか
  • 長く勤めることはできるだろうか

私は現在社員数20名程度の小さい会社に勤めていますが、入社前は私もこの辺りの事が心配だったので気持ちはよくわかります。

どうせ勤めるんなら長く勤めたい。だから上手くやれるかどうかがすごく不安ですよね。

社員数900人規模の会社と20人規模の会社の両方を経験してきた私より、大手と比べた小規模の会社のメリット・デメリットをお話しします。

現役で少人数の会社に勤めている私の考え。参考になると思います。

スポンサーリンク

メリット1:組織構成が単純だからフットワークが軽い

まずは1つ目のメリット。

大手よりも組織構成が単純。なので仕事のフットワークが軽いという事。

具体的にお話しします。

組織構成が単純であること

まず、組織構成が単純であること。これは容易に想像できるでしょう。

単純に人数の多さと組織構成の複雑さは比例関係にあります。

どれぐらい違うか、参考までに私の前職と現職の組織構成を比較してみましょう。

参考:私の前職と現職の組織構成比較
前の会社(900人規模)の組織構成(ざっくり)
  • 社長
    • 役員(10人)
      • 部(100~150人)
        • 課(20~30人)
          • チーム(4~6人)
今の会社(20人規模)の組織構成
  • 社長
    • 部(4~5人)

構成がちがいすぎるね・・・(笑)

Waka
Waka

現職は超単純でしょ?

私も最初この構成を見たときあまりの単純さにびっくりしました(笑)

この比較から組織構成に大きな違いがあるのは一目瞭然。

人数が少ないと大体このような構成になるでしょう。

フットワークが軽いこと

ではフットワークが軽いというのはどういう事か。

これはもう組織構成の違いからなんとなくお判りいただけるでしょう。

小規模の会社の方が何をするにもフットワークが軽いんです。

これは個人個人の仕事内容にも言えるし、会社全体にも言えることです。

仕事というのは自分だけで完結するようなものはほとんどありません。

書類やそのほかの成果物は上司や他部署に確認してもらう必要があります。

他にも自分の仕事を進めるために他部署の協力が必要不可欠になるケースも多いです。

当然ながら組織構成が複雑になればなるほど上司・他チーム・他部署が絡む仕事は複雑化していきます。

これがフットワークの重さに直結することはいうまでもありません。

フットワークが重いという事に価値はありませんよね。

そしてフットワークの重さは仕事に対する意欲に密接に関係してきます。

仕事をするうえで、大きなメリットではないでしょうか。

メリット2:人数少ないから人間関係が楽

2つ目のメリットは、人数の少なさによる人間関係の単純さ。

人数が多いとそれだけ気を使わなきゃいけない人も増えてきます。そしてあなたとそりの合わない人も増えてきます。

人数が少なければ非常に単純。

人間関係は仕事をするうえで良くも悪くも重要ですよね。

ここが良好でない事にはどんなに魅力的な収入・仕事であろうと台無しです。

人数が少なければそうした煩わしさから解放されます。

特に大企業での人間関係につかれた。と感じている人には魅力的です。

デメリット1:人間関係はデメリットにもなりうる・・

ここからデメリットの話になります。

メリットで「人間関係の単純さ」を挙げましたが、これはデメリットにもなります。

人間関係が単純が故に、その会社にそりの合わない人がいると、会社内「逃げる」という事ができなくなるんですね。

大企業だったら他部署に逃げて関りを避ける方法もあります。

しかし小規模の企業ではどうしても関係が密になりますので、そうもいきません。

逃げる手段として「部署異動」っていう手が使えないという事か。それはつらいね・・・。

そうなんです・・・。人によっては苦痛で仕方ないでしょうね・・。

私の事務所は上に書いた通り現在4人。

幸いなことにいい人間関係を築けてます。(他の支店、本社には癖の強い人も 何人かいますが・・・)

しかしながら人間関係が原因で嫌になって辞めていった人も結構います。

私はこんな働きやすい会社ないのにもったいないなと思うわけですが、そこはやはり人によって合う、合わないの違いは出てくるので仕方ありません。

仕事というのはどうしても個人と個人、部署と部署で利害が絡みますよね。

もうこれは組織の大小関わらずです。

なのでそこでどうしても人間関係のこじれというものは出てきてしまいます。

ここはある意味運の要素が強いのですが、人間関係はデメリットにもなりえてしまうという事になります。

その会社の社風とか人間性に関しちゃ面接の時にしっかり観察!

こればっかりはしょうがない面もあります。

でも人間関係のこじれってなるべく避けたいですよね。

私もそういうのは大嫌いなのでその気持ちはよくわかります。

なので、もしあなたが人数が少ない会社の求人に応募しようとしているなら、

  • 会社の雰囲気
  • 社員の雰囲気

この辺りをよく観察するようにしてください。

雰囲気っていっても具体的にどんなところ見ればいいの?

年齢層・男女比率・面接担当してくれた人の性格・会社自体は体育会系かまったり系か、などなど、自分がその会社に勤めていることをイメージしながら考えてみるといいですよ。

デメリット2:自分の担当範囲外の仕事をやることもある

2つ目のデメリットは、自分の担当範囲外の仕事も手広くやらなきゃいけない可能性があること。

どういうことか?

人数が少ないという事は、すなわちリソースが少ないという事です。

リソースの少なさ故、他部署のヘルプをやることもあるかもしれません。

この辺りは単純にあなたが受け入れられるかどうかという問題にはなってるのですが。

協調性の問題ですね。

もしあなたがなんで自分の職務以外の事もやらなきゃいけないの?という考えをお持ちなら、小さい会社はちょっと向いてないかもしれませんね。

ある程度は軟性持って仕事することが必要です。

私がこの小規模なホワイト起業を見つけた方法

デメリットも2つほどあるものの、
個人的に今の会社、
ホワイト起業であると胸を張って言えます。

人間関係・仕事内容の質が改善されてかつ収入もアップするというとても恵まれた転職をすることができました。

私はこの会社を転職エージェントの非公開求人から見つけています。

エージェント利用は賛否両論あるようですが私は利用するべきと考えます。

ただ上記転載元の調査によるとエージェントを利用している人は全体の2割弱にとどまるようです。

サンプル数が少ないようなので正確さに疑問が残りますがエージェント利用者は少数派という事は確認できます。

逆に言うと、利用してしまいさえすればその他大勢を出し抜いて転職を有利に進めることができるといえます。

エージェントは各社ありますがまずは最大手のリクルートエージェントに登録し、それを軸に数社利用するようにしましょう。

↓↓リクルートエージェントに会員登録する

その他

メリット・デメリットを明確に分けづらい2点をお話しします。

会社の安定性

人数が少ないと会社の安定性って面も気になりますよね。

ただ残念ながらこれは会社によるので明確な回答はできません。

業績的に怪しい大企業もありますし、右肩上がりの中小企業もありますからね。

会社の規模と安定性は比例関係にありません。

なので業績は何らかの方法を使って確認するべきでしょう。

2020年はコロナ禍の真っ最中。

ばたばたと力のない会社は淘汰されていくかも知れません。

収入

あなたも気にしているであろう収入。

こちらも残念ながら明確な回答はできません。

ただし想定年収は求人票に掲載されているのでそれを参考にしてみるといいと思います。

私の会社を辞めていった人たちについて

私の場合は今の会社が性に合っている分、あんまりデメリットを感じてないのが現状です。

そこで、今の私の会社を辞めていった人たちに関して別で記事を作成しました。

こちらの記事も読んでみて、あなたなりのデメリットを検討してみてください。

関連記事 【実例】人数が少ない会社が合わずに退職していった3人の特徴がこれ

まとめ

人数の多い会社少ない会社様々ですが、合う合わないは人それぞれ。

ここに挙げたメリット・デメリットを参考にあなたにとってベストな会社を見つけることができるように応援していますよ。

何かご質問などありましたら下のコメント欄かお問い合わせフォームまで。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました