転職サイトと転職エージェントの違いは?どっちも利用するべき?

スポンサーリンク
転職活動体験記

こんにちは、Tawaです。

  • 転職サイトと転職エージェントの違いってそもそも何?
  • どっちか片方だけ使ってればいい?それとも両方?

このような疑問をお持ちの人へ。

転職活動を始めたばかりの時はもう右も左もわからない。そんな時に転職サイトや転職エージェントと言われても「なんだそりゃ?」という感じですよね。

私も最初はとりあえず転職サイトに登録しておけという感じで登録をしたところから始めました。

そして途中から転職エージェントという存在を知り、使い始めてそこで初めて大きな違いというのを知りました。

この記事では転職サイトと転職エージェントの違いをよくわかっていない人に向けて、その違いを説明します。その後に「両方利用するべきかどちらか片方だけでいいのか」という事について私なりの意見をお伝えします。

転職活動を始めたばかりの人に役に立つ記事だと思います。

スポンサーリンク

転職サイトと転職エージェントについて

まず、転職サイトと転職エージェント、どちらも利用するべきなのか?という事について。

結論はどちらも利用するべきです。

ただしそれぞれに関してはサービスの内容に明確な違いがあります。転職活動の段階において適宜使い分けていく、というのがベストですね。

それに両方とも利用する分には無料です。何個使おうが、サービスの利用においては金銭的な負担が増えることはありません。

転職サイトと転職エージェント、どちらも使うべき理由
  • どちらも利用料は無料だからある意味ノーリスク
  • それぞれにメリット(デメリット)があるから

それでは、それぞれの違いを見てみましょう。

転職サイトについて

転職サイトは簡単に言うと、企業が出している求人に自分で応募することができるサイトの事です。

Tawa
Tawa

リクナビネクストやマイナビ転職が有名どころですね。

基本的に会員登録さえしてしまえばあとは自分の思うがまま。求人の検索から応募まで全て自分一人で行う事ができます。なのでメリットは何と言ってもその気軽さにあります。

転職サイトの一番のメリットは「気軽さ」にあり!!

転職サイトの仕組み

会員登録をして、そのまま転職活動を本格的に始めるのもいいですし、とりあえず放置しておいて、意思が固まったら転職活動を本格化させる、というやり方でもOKです。

転職の意思がまだ固まり切っていなくて、とりあえず世の中にどんな求人が転がっているのか見てみたい。と思っている人にもお勧めできるサービスです。

▼ただし30代は思い立ったら即行動に移しましょう▼
  • 誰でも会員登録が可能
  • 会員登録後は求人の閲覧が24時間いつでも可能になる
  • 極端な話、会員登録後は放置していても問題ない
  • 一番のメリットは気軽さにあり!

求人は時期によってどんどん変わってきます。

ちょっと探してみていい求人がなければまた時期を置いて改めて探してみる、というような使い方でもやれないことはありません。

転職が頭によぎったその時に一番気軽にできる行動は転職サイトへの登録、と言えます。

  • その手軽さ・気軽さにメリットあり
  • 会員登録後は放置でもOK
  • 会員登録は転職活動の初めに「とりあえず」やる事としておすすめ

転職エージェントについて

転職エージェントは、会員登録者一人一人に専任のアドバイザーがついて、転職活動の初めから終わりまで、色々なサポートを行ってくれるというサービスです。

Tawa
Tawa

リクルートエージェントやマイナビエージェント等があります。
〇〇エージェントという名前が多いですね。

専任のアドバイザーがサポートにつく!!

エージェントのサポート内容例
  • そもそも今転職するべきか
  • 最新の業界の情報
  • 企業に対してどうアプローチするべきか
  • 職務経歴書の添削
  • 面接の日程調整
  • 面接のアドバイス
  • 落選理由の通知
  • 内定承諾後の対象交渉アドバイス
  • 年収の交渉
転職エージェントの仕組み

転職サイトと違って、アドバイザーに色々とアドバイスをもらいながら転職活動を進めていくことになります。

そのため転職サイトよりも気軽さはありませんね。転職活動中はアドバイザーと密に連絡を取りながら進めていくことになります。

どちらかというと、転職の意思が完全に固まった人向けのサービスと言えます。

転職活動においてはこういったアドバイザーにアドバイスをもらえるというのはとても重要なこと。

アドバイスもらえるのともらえないので何か違ってくるの?

Tawa
Tawa

転職活動の質は確実に上がります。
私も気づかされることが沢山ありました。

彼らは業界はもちろんの事、企業それぞれの内情に関しても熟知しています。

  • 人事担当者の雰囲気
  • 社風
  • 面接で聞かれること
  • どんな態度で面接に臨めばいいか

この辺りのかなり込み入ったアドバイスがもらえるのもならではです。

サービス利用期間は大体1~3か月間と指定がありますが、求職者が望めば延長も可能です。その際も延長料がかかることはありません。

▼転職エージェントのメリット・デメリットはこちら▼

後は何と言っても転職サイトには掲載されていない非公開求人がある事。
エージェントを利用することで、より多くの求人に出会う事ができます。

  • アドバイザーの多岐にわたるサポートあり
  • サービス利用期間は開始から1~3か月ぐらいの区切りあり
    (延長は可能)
  • 転職サイトにはない非公開求人あり
  • 転職活動を本格化させたら利用するべき

私の場合は、最初のうちは転職サイトだけ利用していて、途中から転職サイトとエージェントの2個使い。後半は転職エージェントだけの利用。という風に局面に応じて使い分けていました。

まとめ

一番大きな違いとしては、専任のアドバイザーがつくかつかないか。

これをメリットととらえるかどうかはご自身の状況次第なので、絶対に両方利用しなさい!とは言いません。

それぞれの特徴を理解して、無理のない範囲で利用を検討してみてください!

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました