【利用必須】30代でも成功できるおすすめの転職エージェント3社

転職活動体験記
この記事は約8分で読めます。

30代で転職を検討している人へ。

転職エージェント、使うべきか使わざるべきかでも書いた通り、エージェントは転職活動の強い味方となります。

エージェントを使わない転職活動はあり得ないと言っても過言ではありません。

とにかくサポートの手厚さが普通の転職サイトよりも段違いにいいです。

エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトでは公開されていない非公開求人に応募できる
  • 転職活動中の困った事や悩み事などを相談できる
  • 職務経歴書のチェックをしてくれる

これらのメリットは転職サイトでは絶対に享受できません。

私も転職活動をした経験がありますが、転職活動は間違いなく孤独な戦いです。

会社の人には相談できないし、家族にも転職することを納得してもらわないといけません。

そんなときにサポートをしてくれる存在がいるっていうのはとても心強いことです。

ただ、エージェントを利用するにあたって1つ注意点があります。

エージェントは基本的に利用無料なので何社でも登録できてしまいます。

なので登録しすぎで管理が大変になる・・。なんて事態に陥る可能性もあります。

エージェントは登録無料なので何社でも登録ができる。かといって登録しすぎると管理が大変になる!

そこで私が転職活動を行ってきた経験からとりあえずこれだけ登録しておけば間違いないというエージェントを3つ紹介します。

この3社に絞って転職活動を行うもよし、余裕があれば他に探してさらに登録数を増やすもよし。

まずはここで紹介するエージェントを軸に転職活動を始めてみてください!

スポンサーリンク

転職エージェント3社の比較

こちらがおすすめのエージェント3社です。

エージェント名 求人数(※1)(非公開含む)(2020年5月時点) 特徴
リクルートエージェント10万件以上知名度No.1「面接力向上セミナー」はおススメ。
デューダ約10万件転職者満足度No.1
メイテックネクスト1万件件以上エンジニア専業転職支援会社 求人数 第1位

エージェントは会社自体に優劣はありません。

ただしエージェント個人個人に関しては実力の違いやあなたに合う合わないというのはあります。

あなたにピッタリのエージェントを探し当てるという意味でも、複数登録することはメリットがあると思います。

次に各エージェントについて詳しく書いていきますね。

求人数・知名度共にNo.1のリクルートエージェント

誰もが知っているあのリクルートが運営しているエージェントサービスです。

このリクルートエージェントか、転職サイトのリクナビネクストは殆どの転職活動する人が利用しているんじゃないでしょうか。

求人数の多さで言えばダントツです。

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • エージェントでは規模・知名度共にNo.1
  • 拠点は全国各地に存在してるから地方での転職活動も可
  • 無料開催の「面接力向上セミナー」は転職活動の第一歩として超おススメ

面接力向上セミナーについて

サービス登録後に利用できる「面接力向上セミナー」は初めの一歩として絶対に受けたほうがいいセミナーです。

私はこれに参加したおかげで、求人に合わせた自己PRや職務経歴書を書くことができるようになって結果面接でもスムーズに受け答えできるようになりましたから。

転職者としてのステージが1つ上がりますよ。

\ 求人数・知名度No.1 /
【リクルートエージェント】に無料相談してみる↑↑

転職者満足度No.1のデューダ

知名度はリクルートに負けず劣らずのデューダ

求人数に関しても申し分ありません。

私も実際に利用してキャリアカウンセリングを受けましたが、転職に関しての自分の方向性を定めることができました。

さらに紹介してもらった求人も他の2つのエージェントでは紹介されていないものが沢山ありました。

非公開求人の数も申し分ないですね。

デューダのおすすめポイント
  • 拠点はリクルートとともに各地に存在
  • リクナビに負けず劣らずの知名度で実績もアリ
  • 診断・書類作成ツール

診断・書類作成ツールが充実

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイトより

デューダのウェブサイトにはこんな↑↑ツールが充実しています。

このようなツールは結構転職の方向性を決めるうえで役に立ったりします。

こういうのがすべて無料で利用できるのはありがたいですね。

\ 転職者満足度No.1! /

エンジニアに特化したエージェントのメイテックネクスト

こちらはものづくり系エンジニアに特化したエージェントです。

メイテックネクストはエンジニア派遣業大手のメイテックの子会社です。

エンジニアに特化しているのでメーカーの内情に精通したエージェントが多数在籍しています。

エンジニア専業の転職エージェントでは求人数No1なので、利用すれば多くの求人に触れる機会が得られるでしょう。

メイテックネクストのおすすめポイント
  • エンジニアに特化したエージェントなので専門性の高いエージェントが在籍
  • 求人数エンジニアを専業としたエージェント内で1位(10000件以上)
  • 各企業の内情に精通している

私が担当してくれたメイテックネクストのエージェントは実際にこの触れ込み通り各企業の内情にすごく精通していて、1社1社面接ではどのような態度、雰囲気で臨んだらいいか的確なアドバイスをもらうことができました。

\ 製造業・ものづくりエンジニアに特化! /

エージェントについてのFAQ

エージェントについてよくある質問とその回答についてまとめました。

1社だけ登録してりゃそれでOKじゃないの?

⇒各社持ってる非公開求人は違うから1社だけだと出会えない求人もある。

まず、1社だけ登録してればそれで問題ないんじゃない?という疑問に対して。

これは各エージェントそれぞれで独自の非公開求人を持っているので1社だけだと他社のそれに出会うことができなくなります。

結果的に選択肢が狭まってしまうので、1社だけというのは避けたほうがいいですね。

後は、内定が出た時に複数のエージェントに登録しておけば、その内定承諾するのは是か非か?となったときに、セカンドオピニオンがもらえるというメリットもあります。

非公開求人って何?なんで非公開にしてるの?

その名の通り、企業が採用活動してるっていう事を一般公開したくない求人の事。

非公開求人というのは、その名の通り企業が表に出したくない求人の事。

なんでこの非公開求人が存在するのか理由は次の2つ。

極秘プロジェクトに関わる求人であるため

例えばとある会社で新製品の開発プロジェクトが立ち上がったとしましょうか。

その時に現状の工数では足りない場合は当然外から採用することになるんですが、新製品に関わる求人って表に出して誰もが見れる状態になってたらちょっと不都合ありますよね。

新製品の情報が外部、特に競合他社にもれるっていうのは絶対に避けたい。

こんな状況のときに表に出さず、こっそり募集をかけたいってケースがあるわけです。

そんな時に非公開求人っていう形でエージェントがこっそりと転職志望者に教えてあげるっていうこと。

採用活動を効率化するため

特に人気がある企業、つまり知名度のある有名企業にありがちなんですが、公開求人として募集を開始すると応募者が殺到してしまうという事態になることがあるらしいです。

そうなった場合、応募者一人一人の書類をチェックして振り分けるというのは採用担当にとって中々骨の折れる仕事です。

それを防ぐために一般公開はしないでエージェントが求人とマッチしてそうな人だけに紹介する形をとることで、採用活動の効率化を図ろうという目的があるんです。

これが非公開な求人が存在する理由です。

っていうことは、その非公開求人の中に有名な企業の求人だったり、極秘プロジェクトに関われる求人が隠れているということになりますよね。

これを逃すっていうのは非常にもったいない機会損失だと思います。

なのでより多くの非公開求人に触れるためにも複数登録することは必須という事になります。

なんで無料なの?オプションかなんかで追加料金取られることはない?

最初から最後まで完全無料で利用できます。必要な経費は面談受けるための交通費ぐらい?

ホントに無料です。

私が実際に利用していた時も追加料金を取られるとか一切ありませんでした。

無料で利用可能な理由

なぜ無料で利用できるのか?

リクルートエージェントのサイトにその答えが掲載されています。

ではなぜ転職エージェントのサービスは無料で受けられるのでしょうか?転職エージェントは、転職希望者がサービスに申し込んだり、企業から求人を預かったりするだけでは料金は発生しません。転職希望者に求人を紹介して、企業から内定が出て入社した時点で、採用した求人企業からコンサルティングフィーを成功報酬として受け取っているのです。成功報酬型で手数料が発生するビジネスモデルなので、企業側もリスクが低くなるため、安心して採用活動を行うことができます。 なお、リクルートエージェントでは、成功報酬型に加えて、「入社して半年以内に退職した場合は企業にコンサルティングフィーを返金する」というルールを設けています。 そのため、希望に合わない求人をお勧めしたり、強引に転職を促したりすることはありません。退職率が4%と低いのは、転職希望者が入社した企業で活躍できることをゴールと考えてサポートを行っている証のひとつです。

転職エージェントの仕組み・無料の理由 | 転職エージェントならリクルートエージェントより引用

補足として、企業が内定を出した時点で転職者の初年度年収の何%かを手数料としてもらえるんです。

なのでエージェントも転職者を成功させる為真剣に対応してくれますし、年収の交渉も頑張ってくれます。

このようにちゃんと儲かるビジネスモデルになっているんで、無料で利用できるという事なんですね。

まとめ

繰り返しますが、エージェントを軸に転職活動を進めていくのがホントにおススメ。

自己流で進めた結果転職が失敗して転職回数を増やしてしまうと、あなたのキャリア自体傷つきかねません。

そんな事態にならないためにもあなたの実力を客観的に評価してくれるプロと二人三脚で進めていったほうが絶対にメリットはあります。

今後の人生を本気で考えるのなら転職エージェントを利用しない手はありません。

転職に関してのご質問・ご相談

転職に関してのご相談やご質問を受け付けています。

転職って最初から最後まで孤独な闘いなんですよね。人生の大きな転換点になるんだけれど、うかつに人にも相談できない。

私もそんな状況を経験してきたので気持ちがすごくよくわかります。

・とりあえず誰かに今の気持ちを吐き出したい
・転職を決意するための後押しの一言がほしい
・複数の会社から内定出たけどどっちにしようか迷ってる

などなど、どんなことでも構いません。

私はその道のプロではありませんけど、
ご家族やエージェント等、変に利害の絡む近しい人よりも客観的にお話をお聞きできると思います。

※いただいた個人情報はお問い合わせの返信のみに使用します。第三者に開示することは決してありません。また何かを宣伝する意図もありませんのでご安心ください。

↓下のコメント欄に書きこんでもらっても大丈夫です。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました