スキルが身につかずに30歳超えたら少し焦った方がいいって話

30代会社員の考え
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

この記事が目に留まったということは、あなたの仕事に対するスキルや経験について、

  • 書類仕事がほとんどで自分じゃなくてもできるんじゃ?
  • ワードやエクセル使ってればできる仕事がほとんど
  • 今の会社以外で通用する経験が得られていない

このような不安があるという事でしょうか。

こんな状況が何年も続くと将来に対する不安が出てきてしまいますよね。

でも日々の忙しさにかまけて「不安はあるけどまぁそのうち何とかなるさ!」みたいな考えはしていないでしょうか。

楽観的な考えを持ったままずるずる過ごすと、一生後悔することになりますよ。

スポンサーリンク

将来への不安は状況を変えない限り一生ついて回る

あなたが何となく将来に対する不安を抱えているんなら、状況を変える必要があります。しかも一刻も早く。

その漠然とした不安は時間が経てば解決されるものではありません。

気づいたときには手遅れになってあなたが定年するその時までずっと後悔を抱えたまま過ごすことになります。

私は電気・電子・制御系の開発エンジニアとして、とあるメーカに8年ほど勤務していました。

開発といえば知識と知恵をバリバリ使いこなして新しいものをガシガシ創っていく、そんなイメージを持っていました。

でも実際に任される仕事といえばとあるプロジェクトがいかに成功しないか証明する実験・評価業務だったり、社内測定機器のメンテナンスだったり、この先役に立つかどうかわからない資料を時間をかけて作ってハンコもらいに行ったり、社内ではある程度は役に立つものの、今後の開発の仕事に役立つスキルが身についたとは言えませんでした。おかげで成長というものの実感がほぼありませんでしたね。

入社してからずっとこんな仕事が続いたので、30歳を超えたあたりから、将来に対する漠然とした不安が芽生えるようになりました。結局私は転職を決意しました。転職先の内定がでるその時まで、この不安は消えることはありませんでしたね。

体験談:転職活動中で痛感したスキルのなさ

このままこの会社にいてもしょうもない人生で終わりそう・・・。

先に書いた通りこんな風に考え、転職を決意しました。このとき34歳。

転職活動では10社近く受けましたが、通ったのは3社のみ。残りの7社を落とされた理由はほぼ「年齢に見合ったスキル、経験がない」でした。

「あぁ、やっぱり・・・」という感じでした。私にスキルや知識がないのは第三者の目から見てもそうだったんですね。

最悪31、32歳ぐらいまでに動かないと身動きがとりづらくなる

もしあなたがキャリア見直しのために転職を考えているのなら、31、32歳ぐらいまでには行動を起こしたほうがいいです。

30歳を超えたあたりから、年齢というのは徐々に聞いてきます。

特に35歳が転職の1つの壁になります。

私(当時34歳)が落とされた7社のうちのとある1社からは、あと1,2年年齢が若ければ採用していたといわれました(泣)

状況を変えるのに転職は有効な手段です。

ですがそれも年齢とともに難易度が上がります。

なのでまずは

  • 転職サイトへの会員登録
  • 転職エージェントサービスに申し込んでエージェントに相談しに行く

など、小さな一歩から始めることをお勧めします。

スキルのないあなたは一刻も早く動かなければ一生今の会社に買いつぶされることを頭に入れていてください・・。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました