芋づる式に退職者がでてくる会社では芋になりなさい

30代会社員の考え
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

  • うちの会社、人がどんどんいなくなる・・・
  • あの人が辞めて以降、芋づる式に人がどんどん辞めていく・・・

こんな会社で働いている人へ。

人がどんどんいなくなるって不安になりますよね。

特に辞めていく人が自分が頼りにしてた人や成果を上げている・できる人だったりしたら、なおさらです。

私が転職活動を行っている最中に転職エージェントから聞いた話なのですが人が一人辞めていくとそれに続いてどんどん人が辞めていくというのはよくあることみたいです。

こんな状況にある会社・職場にいる場合あなたも芋づるの芋になった方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

そんな風に人が辞めていくのは理由がある

特に理由もなくそんな風に人が辞めていくことはあり得ません。

人がどんどんと辞めていくのには何かしらの理由があります。

例を挙げると

  • 会社の事業そのものに将来性を感じられない
  • 人間関係が最悪
  • 出世してもデメリットしか感じられない

などなど、いろいろ挙げられますがこの理由に関しては、私が「これじゃないですか?」というよりもあなた自身の方がよく知っているはずです。

あなた自身も辞めていく人と同様に何かしらの不満を抱えていますよね。

その不安な気持ちに対してもう少し従ったほうがいいでしょう。

あなたより勤続年数が長い人が辞めていく場合はより注意

注意しなきゃいけないのがあなたよりも勤続年数の長い人が辞めていく場合。

あなたよりも長く務めた結果その会社にはこれ以上残れないと判断したわけです。

となると、将来的にあなた自身もその会社に残り続けることに耐えられなくなる日がくる可能性が高いです。

あなたがまだ20代前半~半ばぐらいまでならそこまで焦る必要はありません。

1~2年ぐらい先を見据えてその会社から逃げる準備をじっくりとすればいいでしょう。

ですが20代後半~30台半ばぐらいになってくると少し焦った方がいいかもしれません。

なぜならそれぐらいの年齢になってくると転職の難易度も上がってくるからです。

前の会社で入社2年後ぐらい経過したときでしょうか。

中々仕事のできる先輩が退職をしました。

その時の私はまだ何も知らず、「こんないい会社を辞めるなんてなんともったいない!」と、心の中で思っていました。

今思うと、その先輩がなぜ辞めていったのか、痛いほどにわかります。

なぜなら私も辞めた身ですので(笑)

芋づる式に人が辞めていく会社に残り続けていると・・・

もしあなたがこのような会社で残り続けているとどのようなことが起こるでしょうか。

工数が足りなくなってあなたへの負担がどんどん大きくなる

人がどんどんいなくなるわけですから工数も当然足りなくなります。

当然会社はその分人を入れるでしょうが新しく入った人が使えるようになるまでには年単位での時間がかかります。

そして上に書いた通りに人がいなくなるのにはいなくなる理由があります。

人を補充したところで人の流出を抑えられるというわけではありません。

私がとある部署に配属されたときの話。

そこで順調に仕事をしていたのですがしばらくして私の先輩と同期が相次いで退職しました。

その結果、その2人が抱えていた仕事を私が引き受けることになってしまったのです。

結果、私自身の負荷が増えてしまい耳鳴りがするほどにストレスを抱えるほどになってしまいました。

逃げる時期を逃して一生その会社に残り続けることになる

逃げるというのは時間との勝負といっても過言ではありません。

年齢を重ねるごとに難易度は上がってきます。

上にも書いた通り、20代ぐらいだったらまだいいです。

ですが30代になったぐらいから今後の身の振りを真剣に考えたほうがいいかもしれません。

まとめ:芋になりなさい。

そのような会社で働き続けることは長い目で見てメリットはありません。

芋づる式に人がいなくなっているのならチャンスととらえるべき。

沢山の芋に紛れてあなたも芋になってしまえば辞めやすいのではないでしょうか。

そのような会社、遠慮せずに芋になることをお勧めします(笑)

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました