あなたの会社の将来性は大丈夫?不安なら早めに備えておくべきですよ。

仕事の悩みのアドバイス
この記事は約3分で読めます。

あなたは今の会社でずっと働くつもりでいますか。

その場合、あなたの会社が今後40年50年続くことができるような会社かちょっと考えてみてください。

もしも不安を感じたなら、早めに準備しておくことが必要かもしれませんよ。

スポンサーリンク

日本の大手メーカの衰退

私はメーカーのエンジニアでしたので、メーカの話に限って言わせてもらいますが、一昔前ならば日本のメーカーといえば、その品質を武器に世界と十分に戦えるような力を持っていました。

しかし今はどうでしょうか。

  • 三洋電機 事実上の解体
  • SHARP 鴻海精密工業の子会社化
  • コニカ(konica) ミノルタとの合併ののち、フィルム事業から撤退
  • etc

我々30代ならば誰しも聞いたことのあるこれらのメーカーが一体このような状況になるなんて誰が予想できたでしょうか。

これぐらいの大手企業ですらこのような状態に陥る事態になってしまいます。

今後来るAI、IoTの波についてこれるか

これからはAI、IoTの時代がやってきます。

当然ながら企業としてはこれらの技術革新についていける力が必要になってきます。果たしてあなたの会社にはその力がありますか?

私の前の会社は正直、これらについていける技術力があるとは思えませんでした。このことに対してすごく不安を感じていたんですよね。

私が転職に踏み切った理由は業務負荷などもあるんですけど、この会社の将来性に対する不安というのも大きな理由の1つでした

あなたの会社の経営危機、倒産によるあなたへの悪影響

あなたの会社の経営が傾けばその影響はあなた自身にも響いてきます。具体的には

  • 給料の減少
  • リストラ

といったところでしょうか。あなたの生活へ多大な悪影響を及ぼしますよね。

特に家や車のローンを組んでいる場合、最悪支払いが滞る事態にもなりかねません。

そもそもあなたの業界自体大丈夫?

あなたの会社に限らず、あなたの会社の業界自体も将来的に大丈夫か考えておくといいかもしれません。

先に挙げた世の中のAI,IoT化により種々の仕事が機械やソフトにとって代わられる時代がそこまで来ています。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」(週刊現代) @moneygendai
たとえばバーテンダーの仕事。これがコンピューターに代わられる確率は77%—。そんな大胆予測を披露した論文が全世界で話題だ。論文の執筆者が本誌に語った、凄まじすぎる「雇用の未来」。

「そんな馬鹿な、うちの業界がつぶれるなんて考えられん」こう思うかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。

あなたが子供時代、インターネットがここまで発展するとは予想できましたか?パソコン1つで世界中の人といつでも気軽にコミュニケーションが取れるなんて思ってもいなかったでしょ?

今世の中はすごいスピードで変化しています。スマートフォンなんかを例にとってもこの数年で一気に世の中に浸透しましたよね。

ホントに良くも悪くも一寸先は闇です。

来るべき将来の変化に備えて、ある程度あなたの会社や業界がどうなっていくのか予測することが必要なのではないかと思います。

会社の将来が不安なら早めの備えが必要

先に挙げた通り今はすごく早いスピードで世の中が変化しているのであなたの会社は数十年後、下手をしたら1年か2年後にはもう状況が悪い方向に一変しているかもしれません。

そうなったときでは手遅れになるケースというのも当然あります。それに備えるためには、

  • 会社に頼らない生き方を選択する
  • 別の会社で新たな人生を歩む

こういった方法があります。別の会社で新たな人生を歩むのならば、まずその一歩として転職サイトに登録しておくといいと思います。

転職活動をするにあたって、リクナビNEXTは登録必須のサイトです。

というのも、公開されている求人の量が圧倒的に多い。これは別に宣伝文句として言っているわけじゃなくて、私が実際に利用し、他の転職サイトと比較した実感からです。

リクナビ自体の謳い文句としては、転職決定者数No1、転職者の約8割が利用、リクナビNEXT全求人中約85%がリクナビでしか公開されていない限定求人、などありますが、これらのメリットは確かに享受できたと思います

求人の閲覧やエントリー、面接の日程調整などはすべてサイト上で行うことができ、これらの利用はすべて無料です。(ホントに利用開始から終了まで、一切費用をとられることはありませんでした

とりあえず登録しておいて求人を眺める程度から始めるのでも全然構いません。何せ無料なのでその時が来たら本格的に活用してください。

転職活動の第一歩はリクナビNEXTに登録することだと思いますが、もう一歩踏み出したいのならばリクルートエージェントにも登録しましょう。

リクナビNEXTに登録する際にリクルートエージェントへの登録も促されます。

もちろん利用しないのも1つの手段ですけど、本格的に転職を考えるならば利用すべきサイトです。

リクナビNEXTとの大きな違いは、専任の転職コンサルタントが1人1人に対してアサインされ、転職活動の開始から終了まで彼らの手厚いサポートを受けることができるという点です。

私も実際に利用していました。利用した身から言わせてもらうと、登録は必須です。

ホントにエージェントには色々助けられました。

面接対策や、職務経歴書の添削など、リクナビNEXTに登録していただけでは受けることのできないサービスを受けることができ、転職成功の要になったことは否めません。

おかげでいい転職をすることができたと転職した今でも思っています。

私が最終的に決定した転職先はリクルートエージェントでのみ掲載されていた非公開求人でした。

こちらもリクナビNEXTと同じく、登録開始から利用終了まですべて無料です。

とりあえずエージェントと会って今あなたが転職すべきなのかどうかということを相談するだけでもいいと思います。

【リクルートエージェント】check!

 

会社に依存する生き方はもう危険なのかも

ちょっと前までは1つの会社に定年までいることが美徳とされ、収入の安定が保障されていたような一面有りましたが、これからの時代、あなたが自発的に考えて、行動する必要が出てきます。

自分のために今何をすべきか、一度よく考えてみるといいでしょう

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました