【気まずい…】オンライン英会話初心者の為のフリートークの乗り越え方

スポンサーリンク
オンライン英会話体験記

こんにちは、Tawaです。

  • オンライン英会話のフリートークで何喋ったらいいのかわからない
  • 時々うまく言葉がでなくて気まずい空気になってしまう
  • フリートークが怖い

オンライン英会話でのフリートーク、スピーキングの力量も必要なうえに、そもそもどんなネタをしゃべっていいか分からない。なかなか大変な作業ですよね。

とはいえ本格的に英会話ができる!というためにはフリートークは必須。

逆に言ってしまえば、フリートークさえできるようになれば、英会話のレベルはある程度まで達しているという事になります。

この記事ではそんなフリートークの乗り越え方をお伝えしています。フリートークでお悩みの方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

心構え的なところ

まずはベースとなる心構えについて考えてみます。

相手(講師)に興味をもつ

これは別に英会話のフリートークに限った話じゃないですけど、相手に興味を持たないと、話題も生まれてきません。

  • 講師の住んでるところはどんな所だろうか
  • 家族構成は?子供はいる?
  • 最近はどんなことに怒ったり、笑ったりしたんだろう

せっかく外国の人と話す機会を設けることができたわけですから、相手のバックグラウンドに興味を持ってみてはいかがでしょうか。

そうすると自ずと聞きたいこととか話したいことが沢山出てくるはずです。

文化の違いはほとんど意識しなくてよい

講師は別の国の人間で、生きてきた文化や環境が我々とは全く違います。ここで心配になるのが次のようなことでしょうか。

こんなことが心配?
  • 今ここで自分の思いを伝えたいけど、この考えって相手に共感してもらえる?
  • 日本人の感性って受け入れてもらえるんだろうか?

結論から言うと、この辺りの違いに関しては全く意識、というか気にしなくてよいです。

確かに文化的な違いがあるのも事実です。ですがそもそも講師も日本人を相手に商売している人ですし、沢山の日本人としゃべってきているでしょうから、日本人がどんな人種だっていうのはある程度理解しているはず。

それにオンライン英会話でできるフリートークのレベルぐらいでは、そんな文化の違いによるコミュニケーション上の違和感なんて全く感じません。

なので、日本人と雑談するぐらいの感覚でいってもらっても全然大丈夫ですよ。

安心してください。

準備は必要

雑談するぐらいの感覚で良いとは言ったものの、やはり我々は完全に使いこなせていない英語をつかうわけです。

日本人同士の雑談みたく、何の準備もなしに軽い気持ちで会話するというのは中々難しいです(というか、そんなことができる人ならそもそもオンライン英会話やってないと思いますが(笑))

フリートークに臨むにあたっては、次のような準備はしておきましょう。

フリートークの準備をしよう
  • 話したいトピック
  • トピックに関連する単語・熟語・表現の下調べ
  • トピックに対して何を感じているか、考えているか

この辺りを準備すればフリートークも盛り上がれるし、自分が話したいことの単語・熟語、表現を習得することもできます。

フリートークの話すネタそのものについて

じゃあ、実際にどんなネタを話せばいいのか?これは一番の悩みの種だと思います。

このネタに関してどうやって作り出していくか。方法はいろいろあります。

ネタその1:講師が住んでる所について

講師が住んでる所について色々と聞いてみます。
(前置詞とか冠詞の使い方若干間違ってるかもしれません(汗)ただ多少間違えても伝わる or 講師が間違いを指摘してくれるのでご容赦を)

講師の住んでるところについて聞いてみよう
  • 今の時期の気温・湿度はどうなのか
    ⇒How is the weather on your city?
  • 有名な観光スポットはあるのか
    ⇒Are there any sightseeing spots on your country?
  • 交通事情は?
    ⇒Are cars indispensable for your country?
  • 住んでる場所は国のどのあたりにあるの?
    ⇒Where is your city located in your country?

例えば気温の話題だったら、そこから次のような話題に広げられますよね。

トピックが国の気温・気候だったら…
  • 1年を通しての平均気温はどれぐらい?
  • 日本のように四季はあるの?
  • 日本と比べて寒いね(暖かいね)

1つのトピックをとっかかりにして、話題は結構考えられそうです。

この辺りは日本人同士の雑談でも全く変わらないですよね。

ネタとして話題が結構あるのもそうなんですけど、単純に別の国の人の話を聞くのも結構面白いですよ。このあたりぜひ興味をもって色々聞いてみてほしいですね。

ネタその2:講師の個人的なことに関して

講師の個人的なことに関して聞いてみるのもアリですね。

個人的なトピック
  • 家族構成は?
  • (子供がいるなら)子育てはどんな調子?
  • 趣味は?
  • 日本に来たことはある?
  • 今までどんな仕事やってきたの?
  • どうやって英語勉強してきたの?

私なんかだったら子供がいるので、よく子供の話題になります。子供に関する単語、熟語だとこんなところが挙げられます。

子供のトピックに関する単語・熟語
  • sandpit:砂場
  • slide:すべり台
  • swing:ブランコ
  • active:元気な
  • be tired from:~で疲れる
  • car toy :車のおもちゃ⇒トミカ
  • train toy:電車のおもちゃ⇒プラレール
  • adorable:愛らしい

正直オンライン英会話受講するまで砂場とかすべり台を英語でなんて言うか知りもしませんでしたね。

このあたりの日常的な単語を覚えれたっていうのもオンライン英会話の1つの収穫です。

こんな風にあなたの得意分野見つけてそこから語彙力を増やしていくのも1つの手かもしれないです。

どうやって英語勉強してきたの?は参考になるかも

この項目で「どうやって英語勉強してきたの?」って質問はあなた自身の英語学習の参考になるかもしれません。

講師はノンネイティブが多いので、英語は自然に覚えたというよりはちゃんと勉強して覚えてきた人が多いです。

彼ら自身英語の勉強やコミュニケーションで苦戦してきた経験がありますので、その経験を聞くことは結構貴重な情報になります。

ネタその3:テキストの内容に関すること

オンライン英会話ではテキストでの学習が終わった後にフリートークの流れになるパターンも結構あるので、そのテキストに沿った話題でもいいかもしれません。

私が今まで出してきたテキストに関する話題は次のようなものがあります。テキストの話題から、講師の経験談を聞き出したり、自分自身の体験談を語ったりしてみましょう。

テキストの内容に関連するトピックの例
  • 海外出張時のトピック ⇒ 海外出張の経験談
  • 日本に外国の人がやってきたときのトピック ⇒ 海外の人と英語使って仕事した経験談
  • 誕生日のトピック ⇒ 海外での誕生日の祝い方ってどうやるの?
  • 年末年始のトピック ⇒ 海外での年末年始の過ごし方は?

学習したテキストから話題が膨らませられないか、考えてみましょう。

講師や講師が住んでる国に興味を持って考えてみれば、結構自然に思い浮かんできます。

ネタその4:海外ドラマに関する事

講師は勉強も兼ねて英語のドラマを見ている人が多いです。

自分が好きな海外ドラマがある人はそのドラマについて話してみるのもいいでしょう。

有名どころだとフレンズがありますよね。こちらのドラマ、英語学習に最適ともいわれていて、日本人でもたくさんの人が英会話学習用に見ているようです。

フレンズ (1994年のテレビドラマ) – Wikipedia

何人かの講師に話題を振ってみたんですけど、知らない人はいませんでした。

ネタ(番外編):講師に話題がないか聞く

それでもどうしてもネタがない時、考える気が起きないときは講師に何か話すネタない?と振ってみましょう。

まず私は時々↓↓こんな感じで講師に話題がないか聞きます。

  • Do you have any topics to talk?

それで講師が話題を持っているんだったらそのネタについて話せばOK。

自分が準備していない話題だからちょっと難易度は上がりますし、そもそも講師側も話題を持っていないケースも多々ありますので。

ある講師は↓こちらのサイトからトピックを見つけてトークの種にしていましたね。こういったサイトをつかうのもおススメかもしれません。

Search results | Engoo Daily News

言葉が出ないときor相手の喋ってることが聞き取れないとき

さて、ネタを準備していざフリートーク!「…アレ、言葉が出ない!講師が何言ってるかわかんない!」

いくら準備をしてもこんな状況に陥ることは多々あります。私だっていまだに放送事故を起こすときもありますしね。

そんな時にどう場をつなげばいいか?

自分の言いたいことが上手く言えないとき

自分の言いたいことが上手く言えないときは、まず講師に次のように伝えましょう。

自分の言いたいことが上手く言えないときは…
  • Oh, sorry. I can’t find the words to say.
    ⇒すみません、ちょっと言葉が見つからないです…。
  • Let me check the words.
    ⇒すみません、ちょっと言葉(単語・熟語)調べさせてください。

普段の会話ならまだしも、今はオンライン英会話。

講師も我々が英語を完璧に話せないことは承知しています。表現を探すのに待ってもらう事は失礼なことではないです。

英語の表現方法を探すまで、待ってもらうようにしましょう。

ただし、ダンマリで英語の表現を探し始めるのはNG.
自分が今何をしたいのか、しっかりと伝えてからでないと、講師側も「ダンマリでこの人は何してるんだろう?」と感じると思いますので。

ちゃんと待ってもらった後に調べることに取り掛かります。

講師のいう事がよく聞きとれなかったとき

講師のいう事が早すぎたり癖が強すぎたりでよく聞き取れなかったとき。

まず一番最初はこちら。

聞き取れなかったときの最初の返し
  • Sorry?
    ⇒すみません、もう一回言ってもらっていいですか?

学校で習った表現に「Pardon?」がありますけど、こちらはどうやら普段の英会話ではあまり使わないみたいです。

それよりもこちらの「Sorry?」の方が自然みたいですね。
私はもっぱらこの「Sorry?」を使ってますけど、ちゃんと「もう一回言ってくれませんか?」という意味合いで通じますので。

それでも聞き取れなかったときは次の表現。

「Sorry?」で聞き返しても聞き取れない時
  • Could you speak more slowly?
    ⇒すみません、少しゆっくり喋ってもらっていいですか?

ゆっくり喋ってもらうようにしましょう。

それでも聞き取れなかったとき
  • Could you type it in chat box?
    ⇒チャットボックスに書いてもらえませんか?

最終手段はこちら↑。オンライン英会話なので、大体zoomとかのソフトを使ってますよね。そして大体チャット機能がついていると思います。

チャットに今喋ったことを書いてもらうことにしましょう。これで何を言ったのか理解できると思います。チャットに書かれた言葉の意味が分からないときは、ネットで調べることもできます。

こんな感じで対処法はいくらでもありますので、焦らないことが大事です。

まとめ

ここに書いたことを実践してもらえれば、それなりにフリートークを楽しめると思います。

ただそれでも、その日のコンディションによっては上手くいかないこともあります。私もそんな時はしょっちゅう。

でもそれで上手くいかなくてもあんまり気にすることはないですよ。

しょせんといってはあれですけど、うまくいかないことも含めてのレッスンですので。上手くいったときもいかなかったときも経験。

とにかくフリートークは決まった形式で進んでいかないので、レベルアップのチャンスです。

経験をどんどん積んでレベルアップにつなげてください!

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました