子供が中学生になる位までに教えておきたいこと5つ

息子2人の子育て記
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

私は中学、高校時代とさえない系でした。その自覚が出始めたのは、大体中学生半ばぐらい。

さえてる系のキャラだったらもっと青春時代を謳歌できたんだろうなと、若干悔しい思いもあります。

そんなさえない系を謳歌してきた私が、当時こういうことを知っていれば多少ましな青春時代になったんだろうなと思うことをシェアします。

親として子供に何を教えておけばよいか、1つの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

友達と遊びに行ったときに、駅であったショッキングな出来事

服のダサさを指摘される

あるとき部活仲間と一緒に電車を使って遊びに行こう!となったとき。

駅に集合した時に友達から「なんかお前の服ダサい・・・」こんな感じのことを言われました。

切符の買い方がわからない

さらに皆が普通に電車の切符を買えてる中、私はどうやって切符を買ったらいいのかわかりませんでした。友達に聞きながら何とか買うことができましたが・・・。

この2つの出来事から「あれ?自分って他の人より遅れてない?」と、もんのすごいコンプレックスを感じたのを鮮明に覚えています。

これ以降でしょうか、自分の冴えなさに自覚が出始めたのは。

周りの同級生が普通にできてることができていない。そんな風に感じるようなことが多くなってきました。そしてみじめな気持ちを持つようになってしまったんです。

この頃に、自分=ダサい、さえないというセルフイメージができてしまったんだと思います。

自分の子供にはこんな思いをさせたくない

当時私が感じたみじめさ、決して私の子供に味あわせたくありません。

青春時代なんて人生の初めのうちのちょっとの間しか経験できません。

大人になって振り返ったころに楽しい青春時代だった、と感じてほしい。そう思います。

子供が中学校になるまでに教えておきたいこと

当時のさえない私が何を知っておきたかったか、を振り返り、教えておくべきことを考えてみました。

公共交通機関の乗り方や医者のかかり方など、生活するうえで必要な事

電車やバスの公共交通機関の乗り方、医者のかかり方など、生活をする上で必要になってくる事。

意外とこの辺り、教えてもらわないとどうやっていいのかわかりません。

私は大学時代に一人暮らしをするようになってから、四苦八苦しながら自力で覚えていきましたが高校時代にマスターして おきたかったと思うポイントです。

ファッション

そこまで華美になる必要はありません。年齢相応のさわやかなファッション。

どの色とどの色の組み合わせがいいのか、はたまた悪いのか。ファッションの用語はどんなものがあるのか。年齢毎のファッション雑誌は何を見るべきか。今の私ならある程度わかります。

ファッションの最低限のルール、これを覚えてもらいたい。

わからないことは人に聞く

わからないのにわかったふりをするっていうのは、めちゃくちゃダサいし、周りで見ていてわかります。

服を買いに行く時とか、髪を切りに行くとき、店員さんとコミュニケーションをとらなきゃいけないときが絶対にあります。そして自分がわからないような用語とかが出てくる時もあるでしょう。

その時に素直に「それって何ですか? どういうことですか?」

わからないことはわからないと、聞けるようになってほしいですね。

聞かないよりも聞けるほうがかっこいいよってことを教えたい。

モテそうな趣味

文化祭とかでギターとかドラムを演奏してたり、ダンスを披露していたり、そんな人たちはめっちゃかっこよく目に映ってました。

何か1つ、そういった女子に持てるような趣味を身につけさせてあげたいです。

部活は運動部がおすすめ

私は電車通勤で、色々なタイプの中高生を見ていますが、やっぱり運動部かそうじゃないかってのはある程度見分けがつきます。

運動をしていない子は線が細いんですよね。そして雰囲気もなんか暗い感じ。

私も運動音痴でしたが、このことも本当にみじめさを感じていました。

運動部で身体と心を鍛えてほしいです。

子育ては一筋縄じゃ行かないってのもあるでしょう

こうやって書いてはみましたが、これさえ教えれば大丈夫ってものでもないんでしょうね。

子供が中高生になったときどうなるかはわかりませんが、一筋縄じゃ行かないのはこれまでの経験で何となくわかります。

日常の一コマ
日常の一コマ。これから子育てはもっと大変になるんでしょう。

でも自分の経験から教えられることはあるので、子供が健やかに自律できるように、できる限りのことはしたいなと思います。

以上、子育て6年目のペーペーの考えですが、ぜひ子育ての参考にしてみてください!

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました