お風呂に追い炊き機能なしでも「沸かし太郎」で無問題!外付けでポッカポカに解決できます。

沸かし太郎本体写真レビュー
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

冬のお風呂って入るタイミング外しちゃうとすぐにぬるくなりますよね。

こんな時に追い焚き機能があれば便利なんですが。

最近のお風呂には結構ついていますけど私の家の風呂も含め、その機能がないお風呂もまだまだ沢山。

こんなときの対策は、お風呂の湯を入れ替えるというのがあるんですけど、正直それはもったいない。

そんな時にどうしようかという方へ、後付けライクな追い炊きグッズを紹介します。

スポンサーリンク

追い焚き機能なしのお風呂はなくても諦める必要はない。

追い焚き機能なしのお風呂でも安心してください。あきらめる必要はありません。

私も最近までちょっと冷めてしまったお風呂で我慢していました。毎日風呂から上がって寒い思いしながら身体を速攻で拭いて速攻で服を着ていたんですよ(笑)

ちょっとなんとかならないかなぁと思って楽天とか調べてみたら、あるじゃないですかいいアイテムが!その名も、沸かし太郎

早速購入して使ってみましたよ!

沸かし太郎で追い焚き機能を後付け!

この沸かし太郎を使えば、追い焚き機能のないお風呂をお持ちのあなたでも、追い焚きが可能になるんです。

ちょうどこの記事を書いている途中で、沸かし太郎で追い焚きした風呂に入ってきましたいやぁ~、体の芯まで温まる!風呂から上がって15分ぐらい経ちましたが、まだまだぽっかぽかです。

お陰で明日も頑張れそうです(笑)

沸かし太郎の追い焚きの方法

ちょうど現物を引き上げて、自分の部屋まで持ってきたのでその写真を掲載しますね。(風呂場に置きっぱだと子供のおもちゃになってしまうので・・・)

沸かし太郎本体写真
沸かし太郎コントローラ写真

本体は筒状になっていて、これを風呂に沈めます。そして電源をいれることによって熱を発生させ、お風呂のお湯を温めるという仕組みのものです。で、下の写真のように、スイッチと温度調節ダイヤルが付いているコントローラで操作します。

電源コードは結構長いのと私の家では風呂場に洗濯機用の電源コンセントがあったので特に電源には困らなかったですが、場合によっては延長コードを引っ張ってくる必要があるかも。

沸かし太郎専用置台写真

ちなみに専用の置台も付属品であったので、これを使えば床に水が滴り落ちるということもなさそうです。

追い焚き時間の目安は?

私はまだ使い始めたばかりなので正確な勘所はまだ掴みきれていないのですが、だいたい1時間ぐらいあれば、一般的な家庭用の風呂釜では十分にあたたまるのではないでしょうか。

一番風呂より追い焚きしたほうが温かいかも?!

私の個人的な感想ですが、タイトルどおり、一番風呂よりも温かい気がします。正確には、暖かさが持続しているような気がします。

ちょっと考えてみたのですが、一番風呂はお湯自体は温かいのです。しかしながら風呂釜とその周囲はまだ冷たいままなので、お風呂のお湯の熱がどんどんそっち側に逃げて行ってしまう。

一方沸かし太郎でお風呂の追い焚きをする場合も、熱はやはり逃げてしまいます。それでも沸かし太郎という熱源があるため風呂釜やその周囲まで暖められるので、沸かし太郎を風呂から上げたあとでも冷めにくくなる。

ポカポカの持続も、こういった理由からなのかもしれません。ありがたい効果ですね。

他にもいろいろなお風呂追い焚きグッズが

沸かし太郎を購入する際に色々調べたのですが、沸かし太郎以外にも以下のような追い焚きグッズを見つけました。

私は温度調節ができるという点に魅力を感じ、沸かし太郎に決めました。他にも値段や機能など検討すべきところはあると思いますので、購入を検討しているんなら見比べてみるのがおすすめです。

私は沸かし太郎で満足でした!

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました