【引きずるな】仕事で嫌なことがあった時の4つの切り替え法

仕事の悩みのアドバイス

こんにちは、Tawaです。

嫌なことが立て続けに起こる時ってないですか?今週私はそんな状況でした・・・。

  • 報連相が足りなくて上司に怒られ
  • お客さんから打ち合わせの日程が 合わずに機嫌を損ねさせ
  • 打ち合わせに客先に出向いたと思ったら 担当者体調不良で出向いた時間が無駄になり
  • 夜寝てるときに子供が夜中ずっとウンウンうなって全然寝れなかったり

もう散々です。

こんな風に嫌なことが続くと、気分も落ち込みますよね。気分のリフレッシュを行わなければいつまでも引きずってしまいます。

こんな時、私が実践している気分の切り替え法を4つお伝えします。

もちろん人間ですので完全に切り替えるのは難しいですが、それでも幾分かマシになります。ぜひ実践してもらいたいと思います。

スポンサーリンク

嫌なことはなぜか続く

引き寄せの法則とでも言いましょうか、嫌なことというのはなぜか短期間の間に連続して起こることがあります。

それぞれが特に関係してる訳じゃないのに立て続けに起きるんですよね。

こんな風に続くと「あぁなんて自分はダメな奴だ・・・」と自己嫌悪に陥りがちですが、かといって引きずるのも良くありません。

何かそういうものを引き寄せてしまう目に見えない波のようなものがあるんでしょうか?科学的に見るとこんな目に見えない波っていうのはナンセンスな感じもしますけど、あんまり馬鹿にもできないです。

気分の切り替え法

そんな嫌な気分をリフレッシュするために、私が実践している気分の解消法を4つお伝えします。

全く利害関係のない人との交流

利害関係が全く関係してこない人とコミュニケーションとってみるのがいいかもしれません。

これは会社でもプライベートでも構いません。

例えば仕事なら他部署の同期とか、現場のおばちゃんとか。
プライベートなら、高校・大学時代の友人とか社会人サークルの仲間とか。家族もいいですね。

これが利害関係がある人だと、もしあなたが愚痴とか弱音をもらそうもんなら

  • 「あいつ〇〇さんの悪口言ってた」
  • 「自分の仕事に対して不満言ってた」

などなど、あなたの発言が周囲に漏れる可能性も出てきます。

Tawa
Tawa

こうなると後々厄介なことになる可能性も・・・

利害関係がないと多少弱音を吐いたり不満を漏らしたりしても後腐れが少ないし、同意もしてもらいやすい。

それに一緒にいて気が楽だし、何よりしゃべるってのは気分のリフレッシュにつながります。

読書

つらいことがあるとよく手に取る本があります。それがこちら↓↓

D・カーネギー 道は開ける

デール・カーネギーの「道は開ける」という本です。自己啓発界隈では、結構有名な本です。

悩みがいかに私たちの心身に影響を及ぼすか、悩みをどのように解消や予防していくかなどが書かれています。

手元に置いておいて都度都度見返してみるのがおすすめです。一応楽天のリンク張っておきますが、古本屋なんかにも多分おいてあるので探してみてください。

寝る

最近歳を重ねてきたせいか、睡眠の重要性をひしひしと感じてます。

大体メンタルが不安定になるときって睡眠不足の時が多いです。

今までは正直睡眠不足になると単純に昼眠たくなる、ぐらいの認識しかなかったですけど、睡眠の多寡が私たちに与える影響って思いのほか大きいです。

どれぐらい睡眠をとればいいかは、人によりけりらしいので一概には言えませんけど、せめて夜12時前までには寝てみる、などの目標を立ててみてはいかがでしょう。

今のこの嫌な気持ちを消すにはとにかく全力で寝て気分を晴れやかにするのがいいかも知れません。

ブログを書く

こうやって自分の思い・感情を文章に書き起こすと、気持ちが整理されてすっきりします。

自分の気持ちを吐き出すためにノートとか紙とかを使う方法はよく聞きますけど、ブログだとある程度まとまった文章として書くことを意識します。

なのでより気持ちを整理しやすいってのと、紙に書くよりも効率がいいっていうメリットがあります。

たかがブログ、されどブログです。

あなたもブログを立ち上げて気持ちの吐き出し場にしてみてはいかが?

まとめ

とにかく感情のコントロールは一筋縄ではいきません。とはいえ、いつまでも嫌な気分を引きずりたくもありませんよね。

こうやってアクティブに気分を切り替える行動をしていくことで、感情もある程度晴れやかになっていくと思います。

落ち込んだ気分を引きずらないように全力をつくしましょう。


Tawa「社畜からストレスフリーの会社員になれました」
転職活動に力強いサポート役となるのが転職エージェント。 Tawaはエージェントのおかげでたった1度の転職活動で転職を大成功させることができました。 そんな私が実際に利用したエージェントを紹介していますので、ご覧下さい。
 
タイトルとURLをコピーしました