受身と能動について

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

先日とあるブログ(メルマガ)でこんな感じの文章を見かけました。

成功するために最も大切なルールの一つ、それは、人生に敏感に反応するのではなく、積極的にアプローチすることです。

Direct Connect :噂の経済動向に惑わされない事(続編)- リー・ミルティア より引用

うーん確かになと思いました。

反応とアプローチは一見すると全く関係のない言葉ですが、これは私なりに「受身」と「能動」の関係に似ているのかなと思いました。

スポンサーリンク

反応するとは(受身状態)

反応、つまり受身状態について考えてみます。

今の世の中、本当にいろんな情報が私たちに飛び込んできますよね。

私たちのメンタルによい影響を与える情報、例えば誰かが結婚した、誰かが何かの賞をとったなどある一方で、私たちのメンタルに悪い影響を及ぼす情報、例えばどこかの国の扮装で民間人の命が○人なくなった、交通事故で○人がなくなった、等本当に様々です。

このようなスマホとかパソコンとかでネットサーフィンしてると自然に私たちの目の前に現れて来ます。そしてその情報にたいして一喜一憂してしまい、情報にメンタルや行動を振り回されてしまう。

意図しないところで情報に私たちのメンタルとか行動が影響されてしまうのって、何だか疲れます。

これは情報にあなたの人生を振り回されていることになりますよね。

飛び込んでくる情報に敏感に反応する事は私たちの人生に何かプラスになるでしょうか?

アプローチとは(能動状態)

次はアプローチ、つまり能動について考えてみます。

今の自分にとって必要な情報を取捨選択し、いらない情報は取り入れないいる情報は積極的に取り入れる、そうすると情報に振り回されることはなくなり、メンタルや行動を自分でコントロールすることができる。

こういう状態になると、自分の人生を能動的にいきている状態になれると思います。

何事も「言うは易し行うは難し」

と、頭の中では理解できました。じゃあそれをすぐに実践できるかというと中々難しいんですよね・・・。

この記事を見た翌週は嫌なことが起こりすぎて大分憂鬱になっていました。

一週間終わって思い返すと、「嫌な事」という情報に敏感に反応していました。

頭ではわかっていてもいざ完全に自分の腹の中に落とし込み、即実践できるってのはまぁないですね。

まずは頭の中に情報として入れておいて徐々に徐々に実践していけるようになればいいのかなと。

あなたも受身と能動に関して少し考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました