三日坊主のプロ・Tawaが教える、習慣化のコツを4つ。

自己との向き合い
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Tawaです。

私は三日坊主のプロです。

今まであらゆる事に関して三日坊主を貫いてきました。

筋トレ、勉強、早起きetc

そんなことを繰り返していましたが、ブログの更新だけは継続できてます。

上の記事でも書いてますけど、なんといっても継続の秘訣ってのは習慣化につきます!

習慣化を身につけるためにどんなことを意識すればいいのか、わたくしTawaなりのコツを紹介。

あなたの今までの三日坊主経験と照らし合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

いきなりトップギアはエンストの元だからNG

よくやりがちなのが、開始直後いきなりトップギアでやり続けるってこと。

例えば筋トレなんかだと、雑誌とか本で紹介されてる「君もこれで痩せマッチョ!」みたいな結構ボリューム盛りだくさんの筋トレメニューを超計画的にやるとか。

筋トレしないとかなりの確率で生死にかかわるっていうぐらいの事態ならまた別の話ですけど、筋トレ含めてそんな生死にかかわるなんて事はそうそうないんじゃない?(笑)

最初からトップギアで続けると、1~2か月後には燃え尽きてしまいますよ。

燃え尽きた人

もうこれだけで三日坊主は決まったようなもの。いきなりトップギア、止めといた方がいいです(笑)

筋トレとかだったら例えば腕立て5回とかから始めるとかホントに小さなこと、そういったことから始めるのが吉。

結果を過度に期待しすぎない

例えばあなたが雑誌の「Tarzan」とか見て考えるのはこんなとこでしょう↓

痩せマッチョはやっぱかっこいいなぁ!よし、俺も体鍛えてこんな風になるぞ!

こんな感じで感化されて、筋トレとかダイエットとか始めるとしましょうか。

で、ここであなたは筋トレが成功した時の姿を思い浮かべるわけです。

そうやって1か月2か月と続けていって・・・結果理想と現実のギャップにがっかりしてフェードアウト。

筋トレにしろ何にしろ、あなたの理想の結果がでるまでに時間は結構かかります。

結果を過度に期待しすぎるのは止めて、続けていった結果「おや、なんか達成できてた・・・ぐらいの感覚でやるのがいいです。

達成感を味わわない

毎日の筋トレが終わったときに「あぁ~!今日もやりきったぞ!」って達成感がありますよね。(筋トレばっか例に出して恐縮ですが)

達成感を味わうってのは気持ちいい。

でも達成感を味わうためには苦労して続けなきゃいけないっていう意識も出てきます。いわゆる義務感っていうやつでしょうか。

この義務感、習慣化には大敵です。

義務感を感じながらやると、そのうち続けることが嫌になってきます。これはもう絶対に。

達成感を感じたら、意識して抑え込むようにして下さい。

ストップ

指導者(もしくは同士)を手に入れる

ずーっと一人だけでやってると、多分あなたはこういう考えに至るはず。

今のやり方はホントに正しい?
もっと効率のいいやり方が
あるんじゃない?

こうやってまた新しい手法を探していつの間にか手法探しが目的になってくる。

筋トレだったらトレーナーをつけるとか、あなたのやり方が正しいか違うのか専門の知識を持っている人に導いてももらうのが理想です。

でもほとんどの場合指導者を確保するとなると、お金がかかります。

本気で習慣化させたいなら迷わずお金払ってでも指導者を確保するべきだとは思いますが、どうしてもお金がかかるのがヤダ!って人は、同じ目的を持った同士を募るのが良いのではないでしょうか。

とにかく一人で進めようとするとホントに鋼の意思が必要になります。

そしてあなたを含めてほとんどの人は豆腐の意思しか持ち合わせていません。

でも誰か一緒になって進めてくれる人がいれば、豆腐の意思でも何とか乗り切る事ができます。

仲間とか指導者探し、ぜひやってほしいです。


何事も習慣化できると、得られる結果はいい意味で恐ろしいものになります。

でも習慣化するってのは中々大変な事。

あなたがもし何か習慣にしたいことがあるんなら、この記事を参考に、ゆるーくゆるーく徐々に徐々に習慣化を目指してみてください!


P.S.私が現在習慣にしていることはブログ記事更新です。

もしあなたがブログやってて習慣化で悩んでる、そんな状況なら私という同士を手に入れてみませんか?

私もまだ道半ばですし、初心者の域を出ません。

同じ初心者同士、あなたのお役にたてるかもしれません。

  • 単純にブログ仲間がほしい
  • ブログ更新が習慣化できない
  • 単純にTawaに興味があってとりあえず何か話聞いてみたい

こんな悩みとかありましたらコメント欄に書いてもらってもいいですし、このブログ右側のお問い合わせフォームから私まで直接連絡を送ってもらってもかまいません。

一緒にブログ、書いていきましょうよ。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました