私が安定性のある中堅機械メーカーを辞めた3つの理由

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

大学を卒業してからおよそ9年間中堅の地方機械メーカーで働いてきました。

給料はそこまで高くないものの、安定しているからという理由でその会社に就職を決めましたが、いろいろなことが我慢できずに転職を決意しました。

ここでは、私が退職を決意した3つの理由をご紹介します。

今の会社は安定しているけど、仕事がつらい・・・と考えているあなたは共感できるのではないかと思います。あなたのような問題を抱えている人は決して少なくありません。

この記事を見て、あなたの気持ちが楽になること、今後どういう身の振り方をしていけばいいのかという参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

私が退職を決意した3つの理由

他部署との調整が苦痛

あなただけの部署で完結する仕事というのはどれだけありますか?おそらくほとんどの仕事は他部署との絡みが発生しますよね。

私の部署の仕事は他部署との調整がメインでした。これが私にとっては苦痛で仕方ありませんでした。

基本的にこちらから何かを依頼するという形の調整でしたが、基本的に人間て何かを依頼されるのを嫌いますよね。

もちろん、快く引き受けてくれる人もいるのですが、私がかかわりの多かった部署は性格が悪い人が多く、嫌な顔をされることが多かったです。中にはチンピラみたいなやつもいて、時々罵倒されることもありました(←今思えば完全にハラスメントですが)

この調整ごとがいつまでたっても慣れず、それが苦痛で仕方ありませんでした。

あいつらとはもうこれ以上関わりたくない、そう感じていましたね。

(無駄な)書類仕事が多すぎる

(無駄な)書類仕事が多すぎるのも1つの要因でした。

確かに書類作成というのはある意味では重要です。すべての書類仕事が無駄とは言いません。ただ、そんなに書く必要ある?ってような書類まで書かされていたのはかなり苦痛でした。

スキルが身につかない

技術職ではありましたが、任される仕事は特に技術が必要とされるような仕事ではなく、正直理系じゃなくてもできるんじゃね?って感じのものばかりでした。

技術職というともっとモノづくりにかかわれると思っていましたが、まったく期待外れでしたね。

今の仕事を続けていても将来が見えないこと、今の会社でしが通用しない人間になってしまうことが怖かったことなどあり、転職を決意しました。

実際転職活動中も、年齢の割に経験がないと判断されて落とされることが多かったです。

転職するなら若ければ若いほど良い

私は35歳になる年に転職活動をはじめ、何とかいい転職先を見つけることができました。しかしながら転職活動中には年齢が理由で何回も落とされる経験をしました。

もしあなたが転職を考えているのなら、ほんとに早ければ早いほうがいいです。

年齢を重ねれば重ねるほど転職活動には不利に響いてきます。迷っている暇があったらとりあえず動いてみましょう。絶対後悔することになりますから。

ではでは、幸せな人生を送ることができるようにお互い頑張りましょう!

転職に関してのご質問・ご相談

転職に関してのご相談やご質問を受け付けています。

転職って最初から最後まで孤独な闘いなんですよね。人生の大きな転換点になるんだけれど、うかつに人にも相談できない。

私もそんな状況を経験してきたので気持ちがすごくよくわかります。

・とりあえず誰かに今の気持ちを吐き出したい
・転職を決意するための後押しの一言がほしい
・複数の会社から内定出たけどどっちにしようか迷ってる

などなど、どんなことでも構いません。

私はその道のプロではありませんけど、
ご家族やエージェント等、変に利害の絡む近しい人よりも客観的にお話をお聞きできると思います。

※いただいた個人情報はお問い合わせの返信のみに使用します。第三者に開示することは決してありません。また何かを宣伝する意図もありませんのでご安心ください。

↓下のコメント欄に書きこんでもらっても大丈夫です。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました