アイルランドでのタクシーの乗り方は日本と全く一緒!恐るるに足らず!

外資のこと
この記事は約3分で読めます。

去年(2018年)の9月にアイルランドに資格取得のため2週間ほど滞在してきたとお伝えしましたが、私はこれが初欧州&初1人海外。

何とかアイルランドに降り立つ事ができたのですが、ここで第一の試練がやってきます。それはホテルにたどり着くということ。そしてホテルに行くためにはタクシーを使わなければいけないということ。

アイルランドへ旅行に行くけど、タクシーの乗り方ってどうすればいいの?と心配な方へ。全然難しくはありませんでした。

スポンサーリンク

空港に到着後、最初の試練。それはタクシー乗車

あらかじめ空港でのタクシー乗り場は調べておいたものの、どうやって乗るのか、何か特別な手順は必要なのか、等、詳しいことまでは調べていませんでした。

ここで急に不安が押し寄せて来ます。

「そもそもタクシーののり方ってどうやるの?!日本と同じ?!」

こんなことを考えながら10分間ぐらい空港の中をうろうろしていました。そしてもう考えても分からないものは仕方ない!と意を決してタクシー乗り場へ。

タクシー

乗るまでにどんな会話をしたかはもう覚えていませんが、後ろのトランクを開けてもらうときに「Could you open the boot?」といったのだけは覚えています。

車のトランクはアメリカ英語ではtrunk,イギリス英語ではbootというみたいです。アイルランドは当然イギリス英語。これだけは事前に調べておいたので助かった!欧州圏でタクシー乗るときの重要語。

行き先を伝え、無事発車。後は到着したらお金を払うだけ。ここまで来たらもう安心です。

乗り込んだ瞬間に運転手のおじさんがスマホを運転席のすき間に落としてしまったので、それを探すのを手伝いました。この辺りのうっかり事は日本と同じですね(笑)

後タクシーがトヨタ車だったのもちょっと安心しました。こんな世界の果てまで日本の製品が行き届いて活躍してるってのはちょっと感動です。

タクシーの乗り方は日本と何ら変わりはない。

なんやかんやで無事ホテルに到着。

最後にお金を払って、領収書もらってさよなら。料金は20分で10㎞ぐらい走って大体20ユーロ(2400円ぐらい)でした。相場は日本と同じぐらい?

アイルランドのタクシーのレシート
実際に乗った時のレシート。特に難しくなんてない!

乗り方全般的に、日本と何ら変わりなかったですね。料金メータも日本と同じようにありました。日本でタクシー乗ったことがある人なら誰でも乗れるんじゃないかと思います。

実はドイツのタクシーにも乗ったことあるんですけどドイツもやっぱり日本と同じでした。

タクシーの乗り方なんて世界共通なんですかね。

タクシーに乗れて一安心

違う国だからということは特に気にする必要はありませんので、安心してご乗車ください(笑)

おススメ記事

料理がまずいと言われるアイルランド実際に食してみた結果・・・・↓↓

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました