大学では友達は選べ!気の合う友達の見つけ方とその重大性

スポンサーリンク
暮らし・生活

こんにちは、Tawaです。

現在大学生になったばかりのあなたへ。

「せっかく大学生になったんだし、地味系からは卒業だ!付き合う人もリア充中心にするぜ!」と華々しく大学デビューを飾ろうとしている人、ちょっと待って下さい。

確かに大学生活、順調にいくならばとても充実した日々を送ることができるでしょう。

しかしながらあなたがよっぽど自分に自信があって、スポーツもできて、顔も美形で性格もいいというリア充タイプでもない限り、それはやめたほうがよろしい。

実は私も大学デビューを目論んで、友達選びに失敗してしまった痛い経験があります。

そんな経験をもとに、まずは友達選びに失敗するとどのような事態になってしまうか、そして大学での気の合う友達はどうやって選んだらいいのかお伝えします。

何事もスタートが肝心。ぜひ心に留めておいてほしいです。

スポンサーリンク

大学生ぐらいの年齢になると気の合う、合わないは出てくる

小学校、中学校ぐらいの世代だと気の合う、合わないと言うのはあまり関係なく、クラスのみんなと分け隔てなくおしゃべりしたり、昼休みにドッジボールしてたりしたと思います。

しかしながら高校に入学したあたりから、人付き合いにある程度のグループ化がされていたのを思い出しませんか?

  • 不良っぽい人は不良グループ
  • 野球部は野球部グループ
  • スポーツ系は爽やかグループ
  • 地味系は地味なグループ

などなど、高校時代の周囲を思い返してみると、このようなグループが形成されていたのではないでしょうか。

大学になると、それがさらに顕著に表れてきます。つまり、同じタイプは同じグループで固まる、という事はある程度間違いないといえるでしょう。

その存在を無視して無理に羽を広げて自分とは合わないグループに参加しようとすると、すぐさまハブられの的になることは間違いありません。

ポイント:まずはクラスの中に自分の居場所を確保する事

ここで言いたいことは、自分のグループ以外の人とは全く付き合うな、と言っているわけではありません。

むしろ大学は自分が今まで交流したことのないタイプの人と、サークルや部活を通じて知り合う事のできる貴重な場です。なので、人脈を広げていくことはどんどんやっていってほしい。

ただしまず一番初めにやることは、自分のいるグループを確定させること。そこで居場所を確保しておくことが重要なんです。

そしてそのグループは同じクラスの中にしてください。

というのも、大学は1に単位、2に単位です。そして単位をとるためには、クラスの知り合い同士の強力や連携が不可欠なのです。

まずはクラスの中に自分の居場所を作る。これが最重要ポイントです。

そこを足ががりにして人脈を広げていく、この流れは必ず守ってください。

体験談:クラスの中の居場所づくりに失敗して2留した話

ここからは私の大学時代のお話。

冒頭に書いた通り、私は大学デビューを目論んでいました。というのも、中学、高校時代と冴えないキャラで過ごしてきたこともあり、イケてる陽キャと付き合ったり、女性と遊びに行ったりという経験にとても憧れていたからです。

そして大学入学後、自分が入ろうと思ったグループは超いけてる男たちが集まった陽キャグループ。

自分は幸いなことに見た目はそこまで悪くなかったので(自分で言うのもあれですが)、最初はグループにうまく入り込めていました。

このグループに入っていれば取り合えず自分もイケてる人間になるんじゃないか、そう思ったゆえの行動です。今思い返すと、何やってんだ…という感じですが(笑)

そして半年ぐらいたった頃でしょうか。何となくそのグループでの居づらさを感じ始めたのは。

自分とはどこかノリが違う。彼らのノリにどうしてもついていけない。そんな違和感を感じながらグループに所属していました。

見た目は高校時代にある程度は改善してきたものの、根本の性格というのは中々変わるものではありません。

私の根本の性格は彼らとは違っていたという事です。

最終的にどうしたか。

私はそのグループをフェードアウトして、居場所をサークルの方へ移してしまったのです。

これが私の大学生活における失敗の1つでした。

クラスに私の居場所はなくなり、授業に出るのもとても気が重くなってしまい、いつしか単位をとることを諦めてしまいました。

その結果、2留。

何とか卒業はできたものの、もともと所属していたグループの人が院卒の中、私は学卒。とても惨めな思いをしたことを今でも覚えています。

そしてこの留年というのは結構心に深く刻まれてしまいます。私は大学卒業して15年ぐらいたちますが、いまだに留年にさいなまれる夢を見ますから。

このような事態を避けるためにも、必ずクラスに居場所を作る事。何回も言いますが、これが本当に重要です。

私がおすすめする気の合う友達の作り方

チェックのシャツ

じゃあそんな気の合うグループを探すにはどうしたらいいのか?私がおすすめする気の合う友達の作り方、それは「服装の観察」です。

自分と同じような格好をしている人を探してみてください。それがあなたと気が合う人間の可能性が高いです。

これはあくまでも私の経験則なのですが、周囲のグループを見回しても、同じような服装の人間で固まっているような傾向が高い。

私に関しては根っこが冴えない系、見た目はまぁイケてる系という少しいびつなタイプでしたので、気の合う人っていうのは服装にそこまで気を使っていない系が多かったように感じます。

友達選びに困ったら、まずは同じような服装の人間に喋りかけてみることからはじめてみてはいかがでしょうか。

クラス⇒サークル(部活)⇒バイトと居場所の幅を広げる

クラスの友人は大事

大学ではクラス以外にも、部活・サークル・バイト等を通じて本当にたくさんの人と友達になることができます。

部活・サークルの知り合いも重要

大学にはいろいろな部活やサークルが存在します。

それらは共通の趣味、趣向を持った人たちが集まるので、自然と気の合う人と知り合うことができます。この部活やサークルでできた知り合いと一緒にいることも非常に居心地が良いですよね。

私はサークルに居場所を作っていた分、サークル仲間とのつながりがとても強く、いまだに彼らとは付き合いがありますから。

そして私は妻とサークルで知り合い、結婚をしたわけです(笑)

このような素敵な出会いもあるので、クラス以外にもぜひ自分の居場所を作ってみるようにトライしてみてください。

こうやって行動範囲を広げていくと、あなたの学生生活は一生の中でかけがえのないものになる事は間違いありません。

まとめ

大学生活は友達作り、とりわけクラスでの居場所確保が成功の大きな鍵となります。

残念ながら知り合ったすべての人と仲良くできるわけではありません。どうしても気の合う、合わないというのは出てくるんですよね。特にあなた方ぐらいの年齢になってしまうと。

そういう事も頭に入れつつ、この記事で書いたことを意識して大学生活を送ってもらえれば、と思っています。

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました