大学では友達は選べ!気の合う友達を見分けるには〇〇を見ればいい。

暮らし・生活
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

大学生の方、友達は選んでいますか?

「せっかく大学生になったんだし、地味系からは卒業だ!付き合う人もリア充中心にするぜ!」と華々しく大学デビューを飾ろうとしている人、ちょっと待って下さい。

もしあなたがよっぽど自分に自信があって、スポーツもできて、顔も美形で性格もいいというリア充タイプでもない限り、それはやめたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

大学生ぐらいの年齢になると気の合う、合わないは出てくる

小学校、中学校ぐらいでは、気の合う、合わないと言うのはあまり関係なくクラスのみんなと分け隔てなくおしゃべりしたり、昼休みにドッジボールしてたりしたと思います。

しかしながら高校に入学したあたりから、人付き合いにある程度のグループ化がされていたのを思い出しませんか?

  • 不良っぽい人は不良グループ
  • 野球部は野球部グループ
  • スポーツ系は爽やかグループ
  • 地味系は地味なグループ

などなど、高校時代のあなたの周囲を思い返してみると、このようなグループが形成されていたのではないでしょうか。

このグループの存在からわかるように、どうしても自分に取って居心地のいいグループと言うのは存在します。

その存在を無視して無理に羽を広げて自分とは合わないグループに参加しようとすると、すぐさまハブられの的になることは間違いありません。

私がおすすめする気の合う友達の作り方

私がおすすめする気の合う友達の作り方、それは「服装の観察」です。

チェックのシャツ

自分と同じような格好をしている人、それがあなたと気が合う人間の可能性が高いです。

これはあくまでも私の経験則なのですが、周囲のグループを見回しても、同じような服装の人間で固まっているような傾向が高いため、ある程度は指標になると考えています。

友達選びに困ったら、まずは同じような服装の人間に喋りかけてみることからはじめてみてはいかがでしょうか

大学の同じクラスの友達は重要

まずはクラスに居場所を作ろう

大学ではクラス以外にも、部活・サークル・バイト等を通じて本当にたくさんの人と友達になることができます。

しかしながら一番重要なのは、クラスの友達づくりです。

クラスの友人は大事

大学は当然ながら専門的な知識を身につける場であり、その知識を身に着けた証となる「単位」の取得が必須となります。

この単位取得は一人で挑むには少々荷が重いです。そんなときに助けとなるのが、クラスの友達の存在です。

友達と協力して学業に励まなければ、取れる単位も取れなくなってしまいます。

部活・サークルの知り合いも重要

大学にはいろいろな部活やサークルが存在します。

それらは共通の趣味、趣向を持った人たちが集まるので、自然と気の合う人と知り合うことができます。

この部活やサークルでできた知り合いと一緒にいることも非常に居心地が良いですよね。

あと、私はサークルで彼女ができ、それが今の嫁となっています(笑)

このような素敵な出会いもあるので、クラス以外にもぜひ目を向けてみて下さい。

まとめ

大学生活は友達づくりが成功の大きな鍵となります。大学生活失敗しないように友達は「選んで」作りましょう!

あわせて読みたいおススメ記事(社会人の思考がわかるかも?!)
 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました