外資系に転職して得ることができた経験・スキル4つ

外資のこと
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Tawaです。

スキルの身につかない日系企業から転職して早1年半。日系企業にそのまま残っていたら絶対に出くわさないような経験や身につかないスキルを得ることができています。

ほんと、世界が広がりましたわ(笑)

現状に不満を抱えているのに何も行動を起こさないなんて人生もったいない!この記事があなたのキックスターターになれば幸いです。

スポンサーリンク

何のスキルも身につかず、将来が不安でたまらなかった日系企業時代

前職は日系企業で、新卒時代からおよそ8年間勤めていました。

意気揚々と誰にも負けないスキルを身に着けて会社でオンリーワンの存在になるぞ!そんな思いも内に秘めていましたが、任される仕事と言えば社内の書類仕事やつまらない実験・評価ばかり。

気づけば年も35歳を迎え、将来自分はどんな風になっていくんだろうと不安でたまりませんでした。

そんな中で会社の買収による社風の変化、人間関係の悪化等いろいろなことが重なり、我慢の限界が訪れました。

ストレスで倒れそうになる身体に鞭を打ち、何とか今の外資系の会社の内定をゲット。

ホントに休職寸前まで追い込まれましたが、ギリギリ持ちこたえることができました。

外資系に転職して得ることができた経験・スキル

英語力

これが一番大きいです。外資系なので海外の人たちと英語でコミュニケーションをとる機会が頻繁にあります。

基本的にはメールでのやり取りが主なのですが、最近はビデオ会議を行う機会も増えてきました。以前は英語を本格的に使って仕事をするなんて思いもしていなかったですし、できるとも思っていませんでした。

一昔前よりも日本もグローバル化が進んできたとはいえ、まだまだ英語が話せる≒当たり前ではありません。なのでまだまだどこの会社も重宝するスキルを身に着けることができたのではないかと思います。

海外の人たちとのコミュニケーションの機会

グローバルに活躍

今の会社は外資系でもあり、グローバル企業でもあるため世界各国に支社があり、同僚がいます。

時々その同僚たちの力を借りる必要もあり、日本に招いて一緒に仕事をする機会もあります。

今まで色々な国の同僚と一緒に仕事をしてきました。

  • 韓国人
  • オーストラリア人
  • 台湾人
  • ドイツ人
  • アイルランド人
  • その他ヨーロッパ圏の人たち

日系企業に残っていたままだったらこんな経験はできませんでした。英語を習得することで一気に世界が広がりました。

ヨーロッパへの海外出張

今まで2回海外出張の機会に恵まれました。

アイルランド

1回目はアイルランド。アイルランドなんて仕事でもなければ行こうとも考えなかった国ですよ。まさかアイルランドに縁のある人生になろうとは・・・(笑)

1人で2週間の出張だったため中々チャレンジングではありましたが、何とか出張の目的も果たして帰ってくることができました。今思い返してもほんとにいい経験です。

海外規格の知識

仕事柄海外規格、とりわけ欧州のISOとかIECの規格に触れる機会が多くあります。

この辺りの知識は機械メーカーのエンジニアだったら喉から手がでるほど欲しい知識。だけど最新の情報を得ようと思ったら英語のドキュメントを読み解いていかなければいけないので、敷居がまだまだ高いのが現状。

なのでこの辺りの情報をお客さんに提供すると喜ばれることが結構多いのです。この知識はもしまた転職しなければいけない状況に追い込まれても応用の聞くものなので持っていて損はないと思ってます。

ドイツ

2回目はドイツ。ドイツに本社があるため、今後もドイツへの出張の機会はありそうです。

ドイツはなんといってもビールがうまい!出張は1週間でしたが、ほぼ毎日ドイツビール(ヴァイツェン)を飲んでいました。

こんなビールを毎日飲んでました

転職が成功すれば新しい世界が待っている。

いつまで今の会社でくすぶっているのでしょうか?

今の会社にいなければいけない理由は何でしょうか。

転職をする=逃げる という考えもあるかもしれませんが、あなたが今の会社に対して不満を思っているなら別に逃げたっていいと思います。

転職が成功したならあなたが今まで見たことがないような新しい世界を見ることができるようになるかもしれませんよ!

私が転職活動中に使ったサービス

リクナビNEXT

転職活動をするにあたって、リクナビNEXTは登録必須のサイトです。

というのも、公開されている求人の量が圧倒的に多い。これは別に宣伝文句として言っているわけじゃなくて、私が実際に利用し、他の転職サイトと比較した実感からです。

リクナビ自体の謳い文句としては、転職決定者数No1、転職者の約8割が利用、リクナビNEXT全求人中約85%がリクナビでしか公開されていない限定求人、などありますが、これらのメリットは確かに享受できたと思います

求人の閲覧やエントリー、面接の日程調整などはすべてサイト上で行うことができ、これらの利用はすべて無料です。(ホントに利用開始から終了まで、一切費用をとられることはありませんでした

とりあえず登録しておいて求人を眺める程度から始めるのでも全然構いません。何せ無料なのでその時が来たら本格的に活用してください。

リクルートエージェント

転職活動の第一歩はリクナビNEXTに登録することだと思いますが、もう一歩踏み出したいのならばリクルートエージェントにも登録しましょう。

リクナビNEXTに登録する際にリクルートエージェントへの登録も促されます。

もちろん利用しないのも1つの手段ですけど、本格的に転職を考えるならば利用すべきサイトです。

リクナビNEXTとの大きな違いは、専任の転職コンサルタントが1人1人に対してアサインされ、転職活動の開始から終了まで彼らの手厚いサポートを受けることができるという点です。

私も実際に利用していました。利用した身から言わせてもらうと、登録は必須です。

ホントにエージェントには色々助けられました。

面接対策や、職務経歴書の添削など、リクナビNEXTに登録していただけでは受けることのできないサービスを受けることができ、転職成功の要になったことは否めません。

おかげでいい転職をすることができたと転職した今でも思っています。

私が最終的に決定した転職先はリクルートエージェントでのみ掲載されていた非公開求人でした。

こちらもリクナビNEXTと同じく、登録開始から利用終了まですべて無料です。

とりあえずエージェントと会って今あなたが転職すべきなのかどうかということを相談するだけでもいいと思います。

【リクルートエージェント】check!

 

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました