この時代に英語の取説も読めないメーカエンジニアって・・・(笑)

30代会社員の考え
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

私は現在外資メーカ勤め。

そしてメインの仕事の1つにお客さんにうちの製品の使い方とかをサポートするってのがあります。

よくもらう問い合わせの1つにこんな質問が・・・。

スポンサーリンク

「英語がわからないから日本語の取説ないですか?」

我々日本支社の役割は日本のお客さんに対する自社製品のセールスです。

なので日本のお客さんがスムーズにうちの製品を使ってもらえるように日本語の取説をそろえなくてはいけません。

ですが私の会社が取り扱っている製品は多種多様で全部が全部日本語をそろえられるってわけじゃないんですよね。

あんまり日本で出荷実績のない機種は英語版の取説しかありません。

そんなときにお客さんから問い合わせが入るわけです。

英語が読めないんで
日本語の取説ないですかねぇ

Waka
Waka

申し訳ございません~。
こちら日本語化は
されていないんですよ・・・。

 

と丁重に謝らせていただいてますが、内心はこんな風に思ってます。

この時代に英語が
読めないって・・・w

確かに取説は日本語の方が読みやすいが

理想は全機種に対して日本語版の取説がそろえられていればいいと思います。

私だって取説を見るときは日本語の方が読みやすいですから、日本語版がある場合は迷わずそっちを見ます。

でも普通に「日本語版ありますか」って聞いてくれればいいものをわざわざ「英語がよめないって」前置きする必要ある?

私がもしお客の立場だったら恥ずかしくてこんなことは絶対言わないですけどね(笑)

はっきり言って時代に取り残されている

仕事で英語が全く必要ないんだったら全然問題ないですが、このグローバル化の時代の中でメーカエンジニアなんて絶対英語が必要だと思うんですけどね。

こんな「英語ができない」って・・・はっきり言って時代に取り残されてます。

最低でも取説読めるぐらいの英語力はつけといた方がいいですよ。

確かに専門用語とかもあるんですけど、今はネット検索をちょちょっとやれば意味なんてすぐわかりますし、何なら翻訳機能に丸ごと文章いれちゃえばそれなりに意味の理解はできるはず。

エンジニアは英語ができなくても問題ない!なんてのは平成時代まで。

令和はエンジニアでも英語ができて当たり前!ぐらいの感覚でいないと役に立たない人材になりますよ。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました