人生を有効に使いたかったら車通勤よりも電車通勤がお勧め

英語勉強法
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、Wakaです。

働き盛りのサラリーマンとして日々仕事に精を出しているあなたは、仕事のクオリティを上げるために日々勉強していることでしょう。

さて、ここで質問。いったい一日のうち、どれぐらいの時間を勉強に使えていますか?

おそらく平日は仕事、休みの日は家族サービスと、学生や独身時代と比べて自分のために使える時間は格段に少なくなっているのではないでしょうか。

そこで活用したいのが通勤時間などの隙間時間。隙間時間を有効活用することで、一日をより効率的に使うことができます。

ただ、通勤方法にもいろいろあります。

私の場合ですと前の会社では車通勤、今の会社では電車通勤と、両方の通勤方法を経験してきました。結論から言うと、電車通勤のほうが通勤時間を圧倒的に有効活用できると感じています。

スポンサーリンク

なぜ電車通勤の方が時間を有効活用できると感じたか

私は前の会社でも今の会社でも英語力が求められていた(とはいえ求められるレベルは今の会社のほうが段違いに高いですが・・)ので、通勤時間は車通勤の時でも、今の電車通勤の時でも基本的に英語の勉強に充てていました+います

ただ、電車通勤と車通勤では勉強できることがだいぶ違ってきます。

車通勤ではリスニングの勉強しかできない。

当然ですよね(笑) 車の運転中にリーディングなんてもってのほかです。大変なことになります!

ただ、そのリスニングも完全には集中できない。なぜなら運転に集中しなきゃいけないから。集中できるのなんて赤信号で止まった時ぐらいです。なのでまともに勉強できていたか、と言われれば、Noですよね。

よって車通勤で通勤時間を有効活用できていたかと言われたら、あまりできていなかったと答えざるを得ません。

電車通勤ではいろんな勉強ができる。

一方で電車通勤は自分で運転する必要がありません。なのでいろいろな勉強ができます。

英語の場合だと、リスニングにとどまらず、リーディングやライティング、単語の学習だってできてしまいます。

限りある人生を少しでも有効に使いたい。そう考えているあなたにはぜひ電車通勤をお勧めします。

隙間時間も積み重なるとものすごい時間に

私の場合通勤時間はおよそ1時間で、そのうち40分ぐらい電車に乗っています。

これが往復で1日80分、1週間で80 × 5 = 400分、1か月で400 × 4 = 1600分 = 26.6時間

なんとほぼ一日分の時間になりますね。

車通勤の人とか、電車でスマホゲーとかして時間をつぶしている人とは違って一か月で一日分得をすることになります。

通勤時間で英語の勉強をしてTOEICのスコアアップを実現

通勤時間に勉強できるようになってから、TOEICの点数もほぼ100点アップ(685点→770点)アップしました。

ほかにも、ベストティーチャーというオンライン英会話サービスではライティングの学習もできるのですが、そのライティングを行うこともできます。

おかげで英語でのメールのやり取りの際にも、メールを書くスピードがかなり速くなったと自負しています。

車通勤の人たちよ、お先に目標達成させてもらいます。

電車通勤のおかげで、私の目下の目標であるTOEIC800点達成も近そうです。

今車通勤の人で電車に変えることができるのならば、ぜひ電車通勤に変更をお勧めしますね。人生が変わると思いますよ。マジで。

英語学習のご質問・ご相談

この記事や英語の学習全般についてのお問い合わせを受け付けています。

・TOEIC600点目指したいけど何から勉強すればいい?
・おススメのオンライン英会話って何がある?
・○○歳だけど英語を今から初めて上達する?
・リスニングでおすすめの教材ある?
・英語を使って仕事していくうえで苦労してる事は?

などなど。

私は英語の専門家ではありませんが、その分初心者に寄り添ったアドバイスができると思います。

※いただいた個人情報はお問い合わせの返信のみに使用します。第三者に開示することは決してありません。また何かを宣伝する意図もありませんのでご安心ください。

↓下のコメント欄に書きこんでもらっても大丈夫です。

 

この記事へのコメント

 
タイトルとURLをコピーしました